0561-33-0111
web予約

勉強会「PNFによる腰痛治療最前線」

こんにちは。理学療法士の小幡です

 

先日、愛知県安城市の松井整形外科にて行われた勉強会に
参加してきました。

 

テーマは「PNFによる腰痛治療最前線」で、学んだことを以下に

まとめさせていただきます。

 

〇現代人と腰痛

 ・平成22年度国勢調査による性・年齢別人口比率を用いて
計算すると、我が国の40歳以上の人口のうち腰痛を有する人は
2770万人(男性1210万人、女性1560万人)と推定。(有病率38%)

 

 ・福島県立医科大学の紺野愼一教授によれば、腰痛には
ストレスが関わっており、脳の機能変化が痛み引き起こす
という。

すなわち、心理的な側面からも腰痛をとらえなければならない
ことが示唆された。

 

〇腰痛を治療する際に何を考えるか

 ・炎症を伴う急性期腰痛(ぎっくり腰、外傷による腰痛など)

  ⇒炎症除去、疼痛コントロール

 ・姿勢、生活習慣などが関係する腰痛(慢性腰痛、筋・筋膜性
  腰痛など)
⇒筋の柔軟性と筋力

 ・腰椎、骨盤、坐骨神経などが関わる腰痛(脊柱管狭窄症、
  椎間板ヘルニアなど)
⇒アライメント、血行

 ・妊娠・出産が関係する腰痛(仙腸関節痛など)

  ⇒骨盤アライメントと骨盤底筋、産婦人科との連携

 

〇腰痛治療の際に大事なキーワード

 ⇒「協調性(Coordination)」
 

    Intra-muscular coordination

(単一筋の協調性=求心性、遠心性、静止性収縮ができるか)

 ・Inter-muscular coordination

(筋間の協調性=動筋/拮抗筋、近位筋/遠位筋)

 ・Skill=上手くできるか

 

〇筋間の協調性(Inter-muscular coordination

 ・腹筋と背筋のバランス

 ・左右のバランス

 ・表層筋と深部筋のバランス

 

PNFとは

PPropriceptive 固有受容性

・固有受容感覚
=自分自身の感覚。目で見なくても

 身体部位の位置や動きを認識できる=深部感覚

・それ以外にも、筋感覚、ボディ・イメージなども
 固有感覚といえる

NNeurouscular 神経―筋

・セラピストが改善できるポイントは、筋

FFacilitation 促通

 

〇固有受容器について

    関節位置および四肢または体幹の動きなどの
感覚(kinesthetic sense

    努力感、筋張力、重量など筋出力に関連した
感覚(sense of effort

    筋収縮のタイミングに関する感覚

    姿勢および身体図式の大きさの感覚

 

PNF Philosophy

1.ポジティブ・アプローチ

2.機能的アプローチ

3.集中的トレーニングにより潜在能力を得る

4.全体像を見る

5.モーターコントロールと運動学習の利用

 

PNFの哲学が盛り込まれた実技も多く、臨床につながり
やすい内容でした。


また治療に役立てていきたいと思います。

 

ありがとうございました。

2/11院内体操教室 「肩周りの運動で楽に!」

●はじめに
こんにちは理学療法士(PT)の近藤です。
2/11に院内体操教室「肩周りの運動で楽に!」
を開催しましたので報告します。
担当は、PT山内でした。



●体操教室の様子
まず、肩回りの動きを簡単に評価しました。
左右差や筋の張り感などを実感していただきました。
肩こりは、多くの方にあるので皆さん、
反応が良かったです。




その後、それぞれ重要な運動を行っていただきました。
みなさん、きつそうでした。
大切なのは、今のお身体の状態を知ることです。
出来ないことを知るのも重要です。





●おわりに
当院は、このような体操教室を
定期的に行っています。
次回は、3月21日(木)です。
テーマは、「骨盤鍛えて、ブレナイ心漢だを」です。
是非、ご参加ください。
詳しくは、当院受付にパンフレットが
ございますので、ご覧ください。

2/6 PT勉強会「臨床視野を養う動作分析」

●はじめに
こんにちは、理学療法士(PT)の近藤です。
2/6にPT勉強会「臨床視野を養う動作分析」を
開催しましたので、報告します。
今回の担当は、メインでPT松井、サブで私が
担当しました。



●様子
動作分析というのは、理学療法士なら
だれでも行います。しかし、その方法
は、確立されたものがなく難しいです。
そこで、そのために必要な視野を養う
ため、症例をもとに説明しました。
ベテランの松井による丁寧な解説で
とても勉強になりました。




学生も含め、皆真剣に聞いています。
考え抜きます。

●さいごに
当院PTは、このような勉強会を
定期的に開催しています。
今後も患者様のために研鑚して
参りますのでよろしくお願いします。

1/30 PT勉強会 「股関節と姿勢・歩行」

●はじめに
こんにちは、理学療法士(PT)の近藤です。
1/30にPT勉強会を開催しましたので
報告させていただきます。
今回は、去年の12月に建内先生の
股関節機能障害と姿勢・歩行という勉強会
に参加して参りましたので、その報告を
させていただきました。担当は、私でした。



●様子
学生も実習で来ているので、基本的な
点も交えながら説明しました。股関節
機能障害に対して局所だけでなく、
全身の機能・構造も重要であることを
説明していきました。




シリーズで話していく予定なので
今後も行っていきます。



●さいごに
当院PTは、このような勉強会を
定期的に開催しています。
今後も患者様のために研鑚して
参りますのでよろしくお願いします。
 

1/24 院内勉強会 「足関節周囲疾患の診断」

●はじめに
こんにちは、理学療法士(PT)の近藤です。
1/24に今年、最初の院内勉強会を開催
しましたので、その時の内容と様子を
報告させていただきます。




●足関節捻挫と外傷
足関節捻挫というものは、日常生活において
よく生じる疾患です。その多くは、足首を内側に
捻る、内返し損傷が多いと言われています。
足部には、多くの靱帯が存在しています。
それぞれの損傷の仕方についてはよく把握
している必要があります。




損傷の形態としては、前距腓靭帯損傷、踵腓靭帯損傷
リスフラン靱帯損傷があります。
損傷の頻度としては、先ほどものべた通り、前距腓靭帯
損傷が多いと言えます。内返しにより外側の靱帯が
伸張され損傷します。しかし、小児においては骨より
靱帯の方が強靭なため骨折する場合もあります。



●診断
診断は、画像診断と理学所見が主です。
X線を用いることが一般的ですが、リスフラン
靱帯損傷は、鑑別が難しいためCT,MRIを
用いる事もございます。



●勉強会の様子
話は変わりまして、様子です。
今回も院長が基礎から臨床応用まで
ていねいに話してくださりました。
学生もおり、多かったです。
皆さん、勉強会になったと思います。




模型を使って説明しているところです。


●さいごに
当院スタッフは、このような勉強会を
定期的に行っています。今後も
患者様のために研鑚して参ります
ので、よろしくお願いします。
go top