0561-33-0111
web予約

院内勉強会「骨粗鬆症および骨粗鬆症性椎体骨折の診断、脊柱変形による障害」

●はじめに

今回の院内勉強会では「骨粗鬆症および骨粗鬆症性椎体骨折の診断、脊柱変形による障害」について参加させていただきましたので報告します。

 

●骨粗鬆症

「骨粗鬆症は、低骨量と骨組織の微細構造の異常を特徴とし、骨の脆弱性が増大し、骨折の危険性が増大する疾患である。」と定義されています。

日本における骨粗鬆症の有病率は約1280万人と推計されています。

割合としては男性300万人、女性980万人と女性の比率が高くなっています。また女性の中でも閉経後の小柄な人に多くみられます。

 

骨粗鬆症の種類

原発性骨粗鬆症:原因…加齢、閉経 病気が原因ではない!

続発性骨粗鬆症:原因…内分泌性(骨の代謝が亢進する副甲状腺機能亢進症など)、薬物(ステロイド薬の多量使用など)、栄養性、不動性、先天性、その他(関節リウマチなどの消耗性疾患や糖尿病、慢性腎臓病など)

 

原発性骨粗鬆症の診断

まず立位からの転倒などの軽微な外傷により容易に引き起こされる脆弱性骨折の中で椎体骨折(背骨の骨折)・大腿骨近位部骨折(太ももの骨の骨折)が既往にある時点で原発性骨粗鬆症の診断となります

それ以外の脆弱性骨折を有すれば骨密度がYAM(young adult mean:若年成人平均値、腰椎は20~44歳、大腿骨は20~29歳の平均)の80%未満で、脆弱性骨折がない場合は骨密度がYAMの70%以下または-2.5SD以下で原発性骨粗鬆症と診断されます。

 

●骨粗鬆症性骨折

骨粗鬆症性骨折とは骨粗鬆症により骨強度(70%が骨密度、30%が骨質)の低下が要因となる脆弱性骨折です。

骨粗鬆症性骨折の中でも椎体骨折は最も発生頻度は高いですが、近年ではやや減少傾向です。骨粗鬆症性椎体骨折は、必ずしも転倒などの外傷歴がないことがあり高齢者の急性腰部痛は本骨折を疑います。痛みとしては骨折部ではなく殿部に訴えることも多く前屈より反る動きで、また寝返りや起き上がりなどの体動時痛が顕著です。

大腿骨近位部骨折は骨粗鬆症治療が普及しつつある現在でも増加傾向にあります。因みに大腿骨近位部骨折の5年生存率は45.6%とガンの5年生存率より約10%低くなっています

上の図で、左では背中を丸めた姿勢で骨折部は閉じています。右は背臥位で背筋が伸びている姿勢で、骨折部が開いた不安定な状態となり痛みを伴うことが多いです。

 

骨粗鬆症性骨折は、生活機能や生活の質(以下QOL:Quality of Life)を著しく低下させるだけではなく、最近では骨折の有無に関わらず生命予後を有意に悪化させるとの報告もあり、骨粗鬆症の予防・治療がより重要となっています。

 

●脊柱変形による障害

骨粗鬆症性椎体骨折を呈すると脊柱は屈曲変形(前かがみの変形)を伴うことが多いです。骨粗鬆症による脊柱変形を下図に示します。

 

骨粗鬆症患者では、脊柱後弯(後ろに凸となる彎曲)が増強すると、慢性腰部痛に加え、家事や移動が困難になるなどの多くの日常生活動作が障害されます。さらに、体形の変化による劣等感や不健康感が伴うことで、外出機会の減少といった活動性の低下が起こりQOLは低下します。

 

脊柱後弯変形が生じると矢状面(横から見た面)バランスの異常により転倒しやすくなります。脊柱変形の中で胸椎(胸の高さの背骨)の後弯が大きい人に比べて腰椎の後弯が大きい人の方が脊柱は前方に傾きやすく、立位時の重心動揺が大きくなりやすいです。

 

脊柱後弯変形は、前傾した姿勢をとることとなるため、胸や腹部の容積を減少させるため、さまざまな内臓の障害を引き起こします。胸椎の後弯が増強すれば肺を圧迫し呼吸器障害が生じる可能性が、腰椎の後弯が増強すれば腹部が圧迫され、胃食道逆流症などの消化器症状が生じやすくなります。

 

●さいごに

現在、骨粗鬆症の治療を受けている患者数は1280万人いる中で200万人にも満たないそうです。骨粗鬆症は骨密度が改善するだけでも骨折のリスクは軽減できます。今このブログを読んでいて骨密度を測ったことがない方は、当院で1度検査を行ってみてはいかがでしょうか。

当院はこのような勉強会(体操教室)を定期的に行なっています。今後も患者様のために研鑽していきます。次回の投稿をお楽しみに!

院内勉強会「骨質と骨粗鬆症」

PTの山形です。
今回の院内勉強会では「骨質と骨粗鬆症」について
学んだため報告します。

院内勉強会の様子はこちらです

〇はじめに

骨の強度は骨密度(量)が70%、骨質(構造、材質)が30%を占めています。
骨粗鬆症の話題では骨密度に着目されることが多いですが
今回は骨質に関してもふれていきたいと思います。

〇骨について

骨は主にコラーゲンカルシウムでできています。
骨の構造はよく鉄筋コンクリートに例えられます。
色分けしたとおり、鉄筋コラーゲンコンクリートカルシウムです。

脆い鉄筋で造られた建物は、どれだけしっかりとコンクリート
つけても壊れやすくなってしまいます。逆もまた然り。

つまりコラーゲンカルシウムどちらに異常が起きても
骨は折れやすくなってしまうということです。

〇骨質について

骨質とは、はじめに記載した通り骨の構造や材質のことです。

骨質因子としてコラーゲン架橋があります。
コラーゲン架橋はいわば鉄筋と鉄筋の間にある梁です。
梁が鉄筋同士をしっかりと繋げることで建物の耐久性が高まります。

コラーゲン架橋には①善玉架橋と②悪玉架橋があります

①善玉架橋は酵素依存性架橋といい、
しなやかで粘り強く骨の石灰化を誘導し強度を高めます。

②悪玉架橋は非生理的架橋(老化AGEs架橋)といい、
脆くチョーク様で骨を作る骨芽細胞の機能を低下させます。
またコラーゲンを無秩序に架橋するためコラーゲン線維から
しなやかさを失わせ脆弱にします。
悪玉架橋は加齢に伴い増加傾向がみられます。

実際に大腿骨頚部骨折例における骨コラーゲンの架橋異常をみた研究では
骨折群は対象群と比較して悪玉架橋が多くみられた、と書かれています。

〇骨リモデリングについて

骨は日々作りかえられています、これを骨リモデリングといいます。
骨リモデリングは全身で同時に起こるのではなく部分的に起きます。
骨リモデリングは骨吸収(骨を壊す)のに数週間、骨形成(骨を作る)のに
約3ヶ月掛かるといわれています。

この骨吸収と骨形成のバランスをとっているのが性ホルモンです。
性ホルモンは骨吸収の抑制(骨を壊し過ぎないようにする)と
骨形成の促進(丈夫な骨をつくる)を行っています。

〇骨強度低下のメカニズム

性ホルモン欠乏や加齢に伴い性ホルモンが減少すると骨吸収が亢進、
骨形成が抑制された骨リモデリングが起こります。
すると骨の石灰化度の低下や骨微細構造の破綻が生じます。

上記を簡単に言うと、丈夫な骨ができる前に他の部分で骨が壊されてしまい
骨の脆い部分が増えてしまうということです。
これらが起こると骨密度低下といえます

これに対して性ホルモンの減少や加齢、生活習慣病(糖尿病、腎不全、
慢性閉塞性肺疾患など)の罹患により高まる酸化ストレスや糖化の亢進、
ビタミンⅮ不足はコラーゲンの架橋異常を惹起し骨強度低下を招きます。

上記を簡単に言うと、高齢者だけではなく若い人でも生活習慣病があると
鉄筋が脆くなって骨が折れやすくなるということです。
これらが起こると骨質低下といえます

〇骨折リスクについて

骨密度、骨質の低下が骨折リスクに与える影響

骨質低下のみ・・・・・・・・・・1.5倍
骨密度低下のみ・・・・・・・・・3.6倍
骨質・骨密度ともに低下は・・・・7.2倍

〇骨粗鬆症治療薬が骨質に及ぼす影響について

骨質を改善するためには

  • 適正な骨リモデリングを維持すること
  • 酵素依存性架橋(善玉架橋)を最大限に誘導すること

酵素リジルオキシダーゼを活性化する薬剤
・活性型ビタミンⅮ₃
・エストロゲン受容体モジュレータ(SERMs)
・テリパラチド
・ビタミンK₂(間接的作用)
・ビタミンB₆(ピリドキサール)

  • AGEs架橋(悪玉架橋)の形成を抑制すること

酸化ストレスの低下(抗酸化作用)
・エストロゲン受容体モジュレータ(SERMs)
・ビタミンK₂
・ビタミンB₆(ピリドキサール)
コラーゲンの合成を促進
・活性型ビタミンⅮ₃
・テリパラチド

院内勉強会「骨粗鬆症」「椎体骨折」について

こんにちは 理学療法士の小幡です。
今回、「骨粗鬆症(椎体骨折なし)」「椎体骨折の痛みの評価と
保存的治療」について学びました。

〇骨粗鬆症が惹起する腰背部痛
 ・腰背部痛を有する骨粗鬆症患者は、約85%に上る

〇骨粗鬆性疼痛(腰背部痛含む)の発現機序
 ・破骨細胞を主体とした骨吸収亢進に端を発した疼痛機序が
  考えられている
 ・骨吸収亢進に伴いpHが低下し、微小酸性環境が生じる
 ・さらに破骨細胞から産生されるサイトカインも上昇
 ・骨粗鬆症状態では、椎体内の疼痛関連感覚神経の増加や
  後根神経節(dorsal root ganglia:DRG)における炎症性疼痛
  の伝達に関与するカルシトニン遺伝関連ペプチド(calcitonin
  gene related peptide:CGRP)の発言がいずれも亢進
 ・持続的な炎症刺激が脊髄後角に変化をもたらす
 ・骨粗鬆椎体への荷重負荷は椎体内の疼痛に関与する感覚神経を
  刺激もしくは傷害し、神経障害性疼痛を惹起している可能性が
  ある

〇骨粗鬆性疼痛における薬物療法
 ・ビスホスホネート
  →活性化した破骨細胞を抑制することにより、骨密度改善のみ
   ならず、鎮痛作用も有する
 ・Parathyroid Hormone(PTH)製剤
  →骨芽細胞のアポトーシスを部分的に遅らせることによって骨芽
   細胞数を増加。
   骨芽細胞の活性化を促し骨形成亢進に作用する
 ・ビタミンD
  →ビタミンD受容体は骨格筋で観察され、骨粗鬆症状態では密度
   が徐々に低下し、その後筋委縮や脂肪変性が生じる
                             etc.
〇サルコペニア(筋減弱症)
 →ビタミンD受容体の低下に伴い、筋線維の萎縮から結果的に筋量が
  低下する
 →サルコペニアの女性は非サルコペニアの女性に比較し、骨粗鬆症が
  13倍も多く、骨折が3倍多く、転倒が2倍多い

〇脊椎椎体骨折の画像的評価基準
 ・X線撮影
  →立位正面像、側面像、仰臥位側面像、背臥位像を撮影する
 ・MRI
  →側弯合併などの際に正確なX線撮影で適切な側面像が得られない
   など判断が困難な場合に有用

〇メカニカルな評価基準
 ・非荷重期
  →寝返りのときに生じる痛みが重要
  →認知症の患者、臥位安静にて内科的症状が悪化する可能性のある
   患者は、非荷重期間を設けない
 ・荷重期
  →NRS=3程度以下になるようにペインコントロールをして、徐々
   にADLを拡大する

 

go top