ぎっくり腰や腰の痛みならみよし市の三好ヶ丘整形外科へ

0561-33-0111
web予約

ぎっくり腰

強い急性腰痛全体を指す俗称です。
欧米では「魔女の一撃」などと表現されたりします。
痛みが強くて動けない場合には患部への痛み止めの注射が非常に有効です。
一般的にはコルセットの装着や薬物療法によって数日間で症状が改善してきます。
痛みが軽くなってきたら早期の運動療法が有効です。
特に注意が必要なのは高齢者でしりもちをついた後や重いものを持ち上げてから痛みが強くなってきた場合です。
背骨の骨折を起こしている場合がありますので早めの整形外科受診をお勧めします。

腰椎椎間板ヘルニア

腰の骨と骨の間にある椎間板が変性し、足に向かう神経を圧迫することによって起こります。
男性に多く20~40歳代に多く発症します。
症状としては腰痛に加えて下肢への放散痛を合併することがほとんどです。
大部分の患者さんではリハビリや薬物療法、コルセット装着などの積極的な保存的治療によって症状は消失します。
保存的治療を行っても1か月以上仕事や日常生活に支障がでる場合には手術を選択する場合もあります。

脊椎分離症

成長期の腰痛の原因として非常に重要な疾患です。
過度の運動により腰にストレスがかかり腰の骨に疲労骨折がおこり骨が分離してしまったものです。
腰を反ったときや捻った時に腰痛が増強するのが特徴です。
発症初期ではレントゲンでは分からないことも多くMRIやCT検査によって診断します。
早期に診断されればスポーツの制限とコルセット装着によって骨折が治る可能性が高まります。
骨折が治らず、分離症になった場合でも腰痛はほとんど治ります。
ただ腰椎が一部不安定になることによって痛みが再発することがしばしばあります。
成長期で腰痛が続く場合は整形外科を受診した方がよいでしょう。

go top