肩こりや五十肩ならみよし市の三好ヶ丘整形外科へ

0561-33-0111
web予約

肩こり

パソコン作業や書類作業等、長時間同じ姿勢を続ける方に慢性的な肩こりが現れることが多いです。
治療には主に筋肉のこわばりをゆるめ、血液の流れを改善するような薬物療法やマッサージなどの物理療法が行われます。

五十肩(肩関節周囲炎)

中年以降、特に50歳代周辺でよくみられます。
肩関節を動かす筋肉の腱(腱板)や関節の袋(関節包)などが消耗によって損傷し炎症を起こします。
しばしば夜間痛を起こし不眠を訴える方もいます。
治療としては痛みの強い急性期では注射や内服薬で炎症を抑え、その後は積極的な理学療法が中心となります。
肩関節周囲炎では、肩関節の動きが悪くなる”関節拘縮”をしばしば伴い回復までに半年から1年を要することもあります。
痛みの激しい期間を過ぎたら積極的に体操などで動かしていくことが重要です。

肩腱板損傷

肩を動かす筋肉である腱板は激しいスポーツや仕事あるいは外傷によって損傷、断裂する場合があります。
レントゲンでは異常がないことが殆どでエコーやMRIにて診断されます。
重症例では痛みだけでなく肩の筋力低下と可動域制限を伴うので、修復のための手術が行われることもあります。

go top