スポーツによるケガや痛み治療ならみよし市の三好ヶ丘整形外科へ

0561-33-0111
web予約

テニス肘

テニス肘

肘の痛みで最も多いのがテニス肘です。
正式には上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)といって手首や指を動かす筋肉が、肘の外側の骨に付着する部分の慢性的な炎症です。
原因としては加齢や使いすぎなどによることが多く、局所の安静を保つことが難しいため症状が長引くことが殆どです。
症状としては重いものを片手で持ち上げられない、ドアノブが回しづらいといったものがあります。
治療としてはステロイドの局所注射が著効することが多いのですが慢性化したものにはサポーターをつけるなどの物理療法を行ったりします。

野球肘

野球肘

野球の投球動作そのものが肘に大きな負担をかけています。
野球肘には小学生から中学生にかけて起こる肘関節内側の野球肘と成長期以降に起こる肘関節外側の野球肘があります。肘関節内側の野球肘は内側靭帯の微小断裂であることが多く、成長期では靭帯付着部の骨が剥離してくることもあります。
いずれも一定期間の安静と投球動作の改善で治癒することがほとんどです。
肘関節外側の野球肘は離断性骨軟骨炎と言われ、肘外側の痛みに加え関節自体の動きが悪くなります。
初期の段階であれば投球制限で治癒しますが進行するに従い手術が必要になるケースが増えてきます。

オスグッド病

成長期のスポーツを盛んに行っている子供に起こります。
お皿の骨(膝蓋骨)からすねの骨(脛骨)についている膝蓋骨がスポーツによるストレスで緊張し、脛骨近位部を牽引することによって発症します。
症状が軽ければ太もものストレッチを徹底させ、オスグッドサポーターを使用することでスポーツを継続することも可能です。
症状が強ければ運動の制限が必要な場合もあります。

スポーツによる膝の障害

膝はスポーツによる障害も少なくありません。
前述のオスグッド病などの骨端症、疲労骨折、半月板損傷、靭帯損傷などさまざまな障害が起こりえます。
激しい運動の後や膝を捻った後に痛みが続く場合はまず整形外科を受診してください。

go top