0561-33-0111
web予約

院内勉強会「脆弱性骨折」について

こんにちは 理学療法士の小幡です

今回は「脆弱性骨折」について学んだので、まとめていきます

〇脆弱性骨折の疫学
 脆弱性骨折は活動の制限、寝たきり、さらには生命予後にも
影響を与えることから、高齢社会の日本において大きな社会問題と
なっている。

・大腿骨近位部骨折
 →2012年の全国調査によると、
  女性 70~79歳:約370人    男性 70~79歳:約170人
     80~89歳:約1500人       80~89歳:約600人
     90歳以上:3200人         90歳以上:約1600人
  
  ※50歳日本人のライフタイムリスク(平均的な日本人が
  生涯のうちに大腿骨近位部骨折を生じるリスク)は男性5.6%、
  女性20%であり、閉経後の女性では、5人に1人の割合で、
  大腿骨近位部骨折を生じることになる。

・椎体骨折

 →全国人口10万人当たり

  女性 70歳代:約3000人  男性 女性の1/3~1/2程度の

     80歳代:約8000人     発生率

 

・その他の脆弱性骨折

 →橈骨遠位端骨折

  女性 閉経後である60歳代前半から発生率が上昇

     人口10万人当たり約600

     6069歳代で最も発生率が高く、以後発生率は低下

  男性 加齢に伴う発生率の変化は認められない

     身体活動性が比較的高い症例に発生しやすい傾向がある

 

 →上腕骨近位部骨折

  女性 60歳代から加齢とともに発生率は徐々に増加

     70歳代から直線的に上昇

     85歳以上では人口10万人当たり、約280にまで達する

  男性 60歳以上で加齢とともに発生率は上昇

     女性の半分以下の発生率である

 

〇椎体骨折が偽関節化

 ⇒疼痛の増悪、遅発性麻痺を生じることがある

  治療は患者、医療者、医療財政に大きな負担

 

〇椎体骨折の画像診断

 

 

〇日常生活自立度判定基準

 骨粗鬆症性椎体骨折の場合

 →ADL1段階低下した症例:19.1

  疼痛高度残存例(VAS70以上)10.0

完全に寝たきりとなった症例:5.7

  認知機能の低下(MMSE2以上低下):18.3

  死亡例:2.6

 

〇薬物療法のEBM

 急性期の鎮痛目的に使用する薬剤

・第一選択薬

:アセトアミノフェン

  :NSAID

 ・第一選択薬が無効な場合に選択

  :カルシトニン製剤

  :トラマドール

  ;オピオイド製剤

 骨量増加、骨折予防効果のある薬剤

  :ビスホスホネート製剤

椎体骨折後疼痛に有効な薬剤

  :PTH製剤

 

〇安静臥床、装具療法のEBM

 安静臥床が一番の疼痛コントロールになる

しかし、

 高齢者では1日の臥床で筋力が3%も低下

 3週間も臥床すると筋力は半減する

 

 装具療法はエビデンスレベルは低いが、

非装着群に比べて急性期から亜急性期の除痛効果

ならびにADL障害の低減に有効との報告がある

 

〇運動療法のEBM

 運動は腰椎骨密度に対して有効な効果あり

 転倒率を軽減し、骨折予防効果もあり

 つまり、

将来的な転倒や骨折の予防につなげるため
  
早期からの介入と継続させることが重要である

参考文献
 MB Orthop.29(12):5-8,23-30,31-36 2016

勉強会「PNF×redcord~歩行へのアプローチ~」について

こんにちは 理学療法士の小幡です

先日、おんじぃの部屋 知立店にて勉強会が開催されたので、
参加してきました

 

テーマは、「PNF×redcord~歩行へのアプローチ~」でした

 

〇歩いてもらうとき

A.歩いてみましょう

→構えが中心になる

B. テーブルまで行ってみましょう

→環境側が働きを変える

     

  アフォーダンス

アフォーダンス

 環境の様々な要素が人間や動物などに働きかけ、
そのフィードバックにより動作や感情が生まれること

ABを比較したとき、課題を遂行するという観点から考えたとき、
Bの方が望ましいと言われている

 

〇歩行とは

 身体重心より後方に接地した下肢を通じて、床面からの抗力を
推進力として重心に付与しながら、空間において動的バランスを
制御するリズム運動である

 治療ターゲットであるとともに、歩行分析は二足歩行の
運動戦略とその効率や安定性を同定するための手段である

             Medical Rehabilitation No.156 2013 4

 

 ・歩行は高度に自動化した運動。細部にわたるまで決定した一定のパターンがつぎつぎに反復、連続したもので構成。

・移動は全身の筋・骨格系の共同的な働きによって行われ、中枢神経系に協調的に作用されているため抹消の反応は中枢での過程を推測できる

・誰もが正常であれば同じパターンを示し、特別に訓練された巧緻性のある運動ではない。そのパターンの年齢的変化は成長に伴った発達過程をたどる

・重力に対して立位姿勢を保持しながら、全身が移動する複雑な動作である。

                 基礎運動学(Bernstein)より抜粋

 

 

 

〇パッセンジャーとロコモーター

 パッセンジャー

 →頭部・頸部・体幹・骨盤・両上肢

  ⇒歩行時重心が上下左右方向に働きながらも直立位の
   アライメントを維持

 ロコモーター

 →骨盤・両下肢

  ⇒筋活動による下肢・骨盤の協調した働きやアライメント
   を調整

 

 共通するもの:「骨盤」

 

〇歩行の決定要因

     骨盤回線:片側4°

     骨盤傾斜:5°(下方)+骨盤前傾:4°

 →重心の上下移動の減少  

     骨盤側方移動:立脚期の股関節内転で発生:3㎝

 →重心の側方移動の減少

     立脚期での膝屈曲:double knee action

           →衝撃の緩衝

    重心の上下移動の振幅減少 

     足関節と膝関節の機構:足と膝の逆作用

 →上下移動の減少

 

〇正常歩行の構成要素

     踵接地における体幹伸展の制御

     立脚期における骨盤安定のための股関節側方制御

     立脚後期における足部や下腿からの感覚入力

     遊脚相の代償運動

     両脚支持期の左右の協調

 

〇骨盤傾斜に対して(骨盤安定化):片脚立位

 ・前額面上

  支持脚の(内転位での)中殿筋

     +

   対側腹筋群

   腰方形筋

 

〇体幹の役割

 四肢の筋が動きを作り、体幹筋は動きを止めたり、制御する

 ⇒脊柱と骨盤に剛性と安定性が必要

 

 Perry(1984):腰方形筋での骨盤固定や運動制動が歩行に不可欠である

 

 体幹筋は剛性や安定性に関係するため、主動作や拮抗筋はない

    
   スパイナル・コントロール:
Paul W Hodges

                                                              Jack Cholewicki

                                                              Jaap H Van Dieen

 

                                                                                                            

〇歩行時の上肢の筋活動

僧帽筋(菱形筋)は肩甲骨を体幹に安定させるため、

 大円筋(広背筋)は体幹回旋への対抗のため  に働く

 

〇歩行のまとめ

 体幹・骨盤の安定の中で股・膝関節の屈伸および骨盤の回旋など
 の動きを行うことで、歩行の安定と効率のよい運動が高まる

 

〇動くために知っておくこと

     体重心は体型や姿勢などにより変わる

     姿勢と重心(線)から関節に加わるモーメントが推測できる

     姿勢保持に対する筋活動の状況が推測できる

 

〇ヒトが(楽に)動くためのルール

     Weight shift

     Stability

     Mobility

Weight shiftした先にはStabilityが必要

Stabilityが作られなければ、Weight shiftはできない?!

(できるが、効率的ではない)

よって、先にStabilityを作る必要がある

 

〇なぜ体重心の移動が必要か

 ・重力下では体重心がかかっている支持基底面は支持として働く

  

 動かない

・体重心が移動する

   

 体重心が移動した先の支持基底面が支持として働く

   ⇓

 体重心が外れたところが動く

 

Motor control

1.      Mobility 歩きに適した可動性はあるか

2.      Stability 荷重支持はできるか、アライメントは保持できるか

3.      Mobility on Stability Rocker機能などの前方推進力はどうか

4.      Skills(Locomotion) 歩けるか

 

〇介入時のポイント

 ・Functional Approach

 ・Functional level~Actibity level

 ・Direct / Indirect

 ・Motor learning principles

     Shaping

     Intrinsic vs Extrinsic focus of attention

 ・Repetition without repetition

 ・challenge

 

以上 歩行能力を向上させるための勉強会でした。

座学だけではなく、実技も随所に盛り込まれており、
治療技術の向上にも役立てられる内容だと思います。

院内勉強会 「外反母趾の解剖と病態」

放射線技師の武田です。
8/31の院内勉強会に参加しました。
今回は”外反母趾の解剖と病態”についてまとめたいと思います。


☆はじめに

外反母趾とは母趾の外反を伴った第1MTP関節の亜脱臼、母趾種子骨の外側偏位および母趾の回内、第1中足骨内反および回内などからなる前足部変形である。
変形に伴い疼痛、腫脹、発赤、シビレが生じる場合もある。


図1 外反母趾足の外観
a)母趾の外反変形
b)母趾MTP関節内側の膨隆(バニオン)
c)第2,3趾のハンマー趾変形とPIP関節背側の胼胝



☆母趾の外反


2 母趾の外反変形の型
(a:適合型/b:偏位型/c:亜脱臼型)

[適合型] (図2-a)
・第1中足骨頭関節面と基節骨近位関節面が平行
・関節の適合性は良好であるが、母趾は外反している
・病的なものではなく変形が進行することはない

[偏位型] (図2-b)
・第1中足骨頭関節面に対して基節骨近位関節面が外方へ傾斜している
・変形が進行する危険性があり、一部が亜脱臼型に移行する

[亜脱臼型] (図2-c)
・基節骨関節面が外方へ亜脱臼している
・約半数に変形の進行がみられる




3 荷重位足背底像
a:外反母趾角
(第1中足骨骨軸と母趾基節骨骨軸のなす角度)
b:第1-第2中足骨角
c:第1中足骨内反角

〇母趾の外反の程度は、X線学的に荷重位足背底像における外反母趾角により評価される(図3)
↪非荷重像では外反の程度が低く評価されるため

〇外反母趾角の平均10°~15°であり、20°以上で外反母趾と診断できる
  軽度:20°~30°未満
 中等度:30°~40°未満
  重度:40°以上



☆母趾の回内・種子骨の外側偏位

〇母趾の回内変形は母趾種子骨の外側への亜脱臼または脱臼により生じる

⇒種子骨そのものが中足骨頭から外側偏位(脱臼)するのではなく、第1中足骨が内反するために生じる相対的な偏位である

⇒種子骨が外側偏位することで種子骨間を走行している長母趾屈筋・腱および短母趾屈筋・腱も同時に外側偏位し、母趾基節骨が回内する


図4 母趾種子骨の偏位度(加藤分類を改変)

a:Ⅰ度(正常)
b:Ⅱ度(外側へ軽度偏位している)
c:Ⅲ度(内側種子骨が中足骨の稜の直下にある)
d:Ⅳ度(内側種子骨が中足骨の稜から外側へ脱臼している)



☆第1中足骨の内反

母趾MTP関節内側の膨隆(バニオン,bunion)は第1足根中足関節での第1中足骨の内反の増大が原因である(図1-b)

・外反母趾が引き起こす疼痛で最も発生頻度の高い箇所である
・時に滑液包炎を伴って腫脹と発赤が生じる
・足背皮神経が損傷されてTinel徴候を認めることがある


〇第1中足骨の内反の程度は第1中足骨内反角および第1-第2中足骨角により評価される(図3)
⇒母趾の外反変形が進行するとともに第1中足骨内反角および第1-第2中足骨角は増大し、母趾MTP関節内側の膨隆も大きくなる



☆変形進展の機序

①母趾MTP関節の支持組織(内側)が弛緩・破綻する
(足底の横アーチが減少して扁平足障害も併発する)

②第1中足骨が内反する
(同時に第1中足骨頭が内側に偏位する)

③母趾基節骨が外反する
(母趾内転筋、外側種子骨および深横中足靭帯が緊張するため)

④母趾種子骨の外側への亜脱臼または脱臼
(第1中足骨頭が内側に偏位することによる相対的な外側偏位)

⑤母趾の回内
(同時に母趾外転筋腱が外側偏位していく)

⑥母趾の外反
(母趾の外転運動が障害され、さらに外反)

⑦長母趾伸筋・腱と長母趾屈筋・腱が外方に偏位
(bowstringが生じる)

⑧外反変形がさらに増大する

 
go top