0561-33-0111
web予約

院内勉強会 「脊柱変形について」

理学療法士の山形です。
今回の院内勉強会ではこどもの脊柱変形について学んだため報告します。

○こどもの脊柱変形の特徴
・側弯症をはじめとするこどもの脊柱変形は他の運動器疾患と異なり、治療が必要な変形を伴っていても、痛み等の自覚症状がないことも多い
・発見の遅れが変形の進行や随伴症状(痛み等)の出現に繋がる可能性があるため、早期発見し適切な対応をすることが重要である。

○脊柱変形の種類
 側弯症をはじめとする脊柱変形は原因により、特発性症候性先天性に大別できる。
・特発性・・・原因が判明していない。
・症候性・・・原因の疾患が判明している。
・先天性・・・椎骨の形成障害(半椎等)や分節障害(癒合椎等)の奇形を認める。

○側彎症のカーブについて
・立位での側弯症の程度は前後像でのCobb角の測定(図1)や側面像での脊柱アライメントの評価を行うことが基本である。


図1 Cobb角の測定

・思春期特発性側弯症のカーブパターンは通常胸椎は左凸腰椎は右凸をとる(図2)。
・症候性側弯症のカーブパターンは原疾患により様々である。


図2 思春期特発性側弯症のカーブパターン

○治療の要否について
 特発性
・立位でのCobb角が25~30°以上あれば装具療法の適応がある。
・Cobb角が45~50°以上あれば成長終了後も悪化し、機能障害を惹起することが多いため手術も考慮すべきである。

 症候性
・たとえCobb角が小さくても急変することがあるため、原疾患や重症度により手術を含めた方針を考えなくてはならない。

 先天性
・進行性の脊柱変形の場合、装具では進行自体をコントロールすることは困難である。
・早期に専門の医療機関への受診と定期的フォローの開始を勧めることが必要となる。 

 

院内勉強会「足部痛・足関節痛」

院内勉強会を行ったため、報告します。
 
<足根骨癒合症>
定義:2つ以上の足根骨が先天的に線維性、軟骨性
   骨性に癒合している状態。
分類:足根骨癒合症の発症頻度は1%以下とされるが
   距踵骨・踵舟状骨で半数以上を占めている。
症状:
1、距踵骨癒合症
  後足部痛を訴えられることが多いが、疼痛箇所が
  明らかでない場合もある。外傷に伴い発症するこ
  ともあるが、特に誘因なく発症することも多い。
  主に、足関節の背屈、内反の可動域が制限される。
  載距突起の後方から距骨後方突起の部分に骨性隆起
  が認められる。

2、踵舟状骨癒合症
  運動後に足部外側(二分靭帯周囲)に疼痛を訴える
  ことが多い。外傷を契機に発症する場合もあるが全く
  誘因なく発症する場合もある。
  主に足関節の底屈、内外反の可動域が制限される。

治療:
1、保存療法
  疼痛が強い場合は、ギプス固定、シーネ固定、足挿板
  などが選択される。
  無症候性では、経過観察するのも選択肢の1つではあるが、
  可動域の制限は遺残する。
 
2、観血的治療
  若年者では、癒合部切除が行われる。
  成人では、X線上すでに退行性変化が認められる場合は、
  関節固定術が行われる場合もある。
 
 
<足部骨端症>
1、Sever病(踵骨骨端症)

病態:踵骨骨端核が出現する7~8歳頃から完全に癒合する
   14~15歳までの期間にアキレス腱や足底筋膜の張力
   や踵骨に対する繰り返される刺激により同部に疼痛が
   出現する。
 
症状:荷重時の踵骨の疼痛である。程度は様々で激しい運動時痛
   のみの痛みを感じる場合からひどくなれば踵骨の接地歩行
   が困難な場合もある。
 
治療:運動制限、足挿板やヒールパッドの使用、アキレス腱の
   ストレッチなどである。一般的に予後は良好で数か月で
   症状は軽快し、後遺症は残さない。
 
 
2、第1ケーラー病

定義:舟状骨に生じる原因不明の無腐性壊死とされている。
   主に5~9歳の男児に多く発症する。
 
症状:舟状骨周囲の疼痛、跛行、圧痛がある。発赤、熱感
   などの炎症所見は通常認められない。
 
治療:予後は良好で後遺症を残さない。よって疼痛時には
   運動の制限、足挿板などの保存治療が選択される。
 
 
3、第2ケーラー病

定義:原因不明の中足骨頭背側に生じる無腐性壊死とされ
   ている。10~18歳の女児に多く発症する。罹患骨
   としては、第2中足骨が最も多く、第3中足骨がこれ
   に次ぐ。稀に第4中足骨に生じる。
 
症状:運動時の前足部痛を訴える。同部の腫脹が認められる
   こともある。症状が強くなれば通常の歩行時の踏み返し
   の時や安静時にも疼痛が出現する。
治療:本症は他の骨端症とは違い必ずしも予後はよくない症例も
   ある。安易な患者への説明は好ましくない。初期の疼痛の
   強い時期には、ギプス固定、免荷が推奨される。足挿板の
   挿入も有効な手段である。変形が遺残したり保存的療法が
   無効な場合、中足骨の骨切り術なども行われる。こともある。
 
<有痛性外脛骨>

定義:外脛骨は足部の過剰骨の中で最も頻度の高いものであり、
   正常人の約15%に認められるとされる。多くは両側性
   で女性に多いとされる。舟状骨の内側後方に存在し線維性、
   軟骨性、骨性に癒合している。症状がなければ問題はないが
   スポーツ活動や外傷をきっかけに疼痛が出現すれば有痛性
   外脛骨障害となり治療対象となる。
 
症状:10~15歳の思春期に症状が出現する。舟状骨内側後方に
   骨性隆起を触知し同部の圧痛が認められる。繰り返される
   運動により徐々に疼痛が出現することもあれば外傷を契機
   に出現する場合もある。
 
治療:保存的療法として運動制限、外脛骨部の圧迫をされるため
   足挿板の挿入、疼痛部へのステロイド注入などがある。
   骨成長により自然治癒することも多い。早期のスポーツ復帰
   を希望する場合は観血的療法として、若年者には経皮的ドリリング
   が侵襲が少ない方法がある。

 
go top