こんにちは 理学療法士の小幡です。

先日、院内にて勉強会がありましたので、まとめていきたいと思います。

 

テーマは「肘離断性骨軟骨炎の病態」でした

☆小学生の野球検診からみた場合

○好発年齢

1217

・初期11歳、進行期13歳、終末期14歳にそれぞれピークがある

 

○発生頻度

対象:徳島県の1012歳の野球選手1040

 超音波検査の結果:33名(3.2%)に肘離断性骨軟骨炎の疑い

 X線検査の結果:33名中22名(2.1%)に障害を確認

 ※22名中90.9%が初期症状であった

 ※22名中31.8%に肘関節痛の既往無し

 ※疼痛既往のある選手も大半は内側部痛であった

 

○検診で障害を発見された選手の年齢とポジション

 ・年齢やポジションで発生頻度に差はない

 

○内的要因の関与を示唆する症例

 ・両側罹患例では、小頭骨端核の局所的な血流障害が
  病因に関与していると示唆

 ・兄弟発生例では、遺伝的な要因も考慮される

 

☆中学・高校生の野球検診からみた場合

○発生頻度

 対象:京都府の中学生1307名、高校生662名、
    平均
14.5

 ・上腕骨小頭離断性骨軟骨炎(小頭OCD)を82名(3.4%)に認めた

 

○小頭OCD群と非小頭OCD群の比較

 ・守備位置別での検討

→有意な違いは認められなかった

 ・肘の疼痛と小頭OCDの関係

  →小頭OCD群:現在の肘痛が32.9%、過去の肘痛が81.7

   非小頭OCD群:現在の肘痛が16.5%、過去の肘痛56.1

   現在も過去も小頭OCD群の肘痛の割合の方が有意に高かった

 ・年齢的な検討

  →骨成熟後に野球を開始した方が、小頭OCDを罹患する可能性が
   低くなることを示唆していると思われる

 

○中学・高校生の小頭OCD病変の特徴

 ・Stage別の頻度

 StageⅠ(Radiolucent:透亮期):14.7%、13.2

 StageⅡ(Fragmentation:分離期):38.2%、13.9

 StageⅢ(Loose body:遊離体期):13.2%、16.2

 StageⅣ(Residual:遺残期):13.2%、16.4

 StageⅤ(Postoperative:術後期):23.5%、15.4歳(手術時14.1歳)

 

参考文献:整形・災害外科58991-997,2015

    :整形・災害外科58999-1005,2015