0561-33-0111
web予約

勉強会 脊柱変形と疼痛対策

放射線技師の武田です。
6/15の院内勉強会に参加しました。
今回は”脊柱変形と疼痛対策”についてまとめたいと思います。
(参考資料:第18回 日本骨粗鬆症学会 シンポジウム4”脊柱変形と疼痛対策”)



☆脊柱後弯変形によるQOL低下
 
図1 脊柱後湾変形がQOLに及ぼす影響

図1 脊柱後弯変形が”QOL”に及ぼす影響

脊椎圧迫骨折は骨粗鬆症を基盤とする骨折のなかでも最も多くみられる骨折である
 ⇓
椎体前方が上下方向に圧潰し、治癒後も圧潰椎体の高さが回復しない
 ⇓
脊柱後弯変形からADL障害およびQOL低下をきたす

※ADL(Activities of Daily Living):日常生活の動作

〇後弯角度の増大とともにQOLは低下する傾向にある

〇疫学調査結果(新潟県佐渡市:1年間)では…
 ・脊椎圧迫骨折の発生率は大腿骨近位部骨折のおよそ2倍
 ・脊椎圧迫骨折の発生時の年齢(77歳)は大腿骨近位部骨折の発生時年齢(81歳)より若年であった
 ・大腿骨近位部骨折者の80%の方に既存脊椎骨折を有していた
椎体骨折⇒大腿骨近位部骨折と”骨折連鎖”を起こしている
大腿骨近位部骨折の予防のためには脊椎圧迫骨折時点から治療が重要

〇大腿骨骨折患者および脊椎骨折患者はビタミンD非充足(不足)状態である
 ⇒血中ビタミンD量:大腿骨骨折患者<脊椎骨折患者
 ⇒ビタミンD投与で転倒防止、筋力上昇、Ca吸収促進


[骨粗鬆症性骨折の疼痛およびQOL低下の対策]

①骨粗鬆症患者への積極的な治療介入
 ⇒脊柱変形の原因である脊椎圧迫骨折の予防

②脊椎骨折患者への積極的介入
 ⇒骨折連鎖の予防

③高度脊柱変形症例への対応
 ⇒家事動作、姿勢・体形、転倒・心理的要因への対応
 ⇒疼痛対策として筋力訓練・薬剤治療




☆脊柱後弯による腰痛と保存療法

図2脊柱後弯 腰痛

図2 脊柱後弯に伴う腰臀部痛のメカニズム

〇高齢脊柱後弯患者における腰痛関連症状(アンケートより)
 「立っていると焼けるように腰が痛い」⇒立位困難
 「歩行によって腰が張ってくる」
 「屈んだ姿勢では痛みはない」 ~など
 ⇓
通常の腰痛とは異なる訴えが特徴的

〇脊柱後弯症の原因
 ・前方要素…圧迫骨折遺残変形、椎間板変性
 ・後方要素…背筋機能障害

〇脊柱後弯患者では骨盤の傾きをコントロールすることで体幹前傾化と、それに伴う腰臀部痛・歩行障害は予防できる
 ⇒コルセットを用いる



☆骨粗鬆症の腰背部痛に対する運動療法

図3 疼痛 悪循環

3 疼痛の悪循環

〇骨量の経年変化(男女比較)
 ・骨量は成長期~成人期にかけて増加し、成人期に最大値に達し、その後プラトーとなる(骨量:男性>女性)
 ・男性は50歳以降緩やかに減少し始める
 ・女性は閉経(50歳前後)後に急激に減少する
 ⇓
男性よりも女性のほうが骨粗鬆症になりやすい

〇骨密度・背筋力が低下すると椎体への力学的負荷が増加し、椎体骨折のリスクが増加する

〇背筋力に影響を及ぼす因子
 ・年齢
 ・椎体骨折数
 ・腰椎前弯角 ~など

〇疼痛およびADLに影響を及ぼす因子
 ・椎体骨折数
 ・腰椎後弯角
 ・腰椎可動域
 ・背筋力 ~など

↪脊柱変形と疼痛対策として背筋を鍛え、脊柱のアライメントと可動域を改善し、椎体骨折を抑制することが重要


[運動療法について]

〇1日10回、週5日行う背筋強化訓練(2年間)が10年後の椎体骨折を抑制することが報告されている

〇背筋強化訓練は有用であるが、体幹の屈曲動作を繰り返す腹筋強化訓練は椎体骨折のリスクを伴うため注意

 

院内勉強会 「仙腸関節障害の診療」

理学療法士の山形です。
今回の院内勉強会では仙腸関節障害について学んだため報告します。

○仙腸関節とは?
   腸骨と両側の仙骨を結合する関節である(図1)。
IMG_0573
図1 仙腸関節

○仙腸関節の解剖学的特徴
 軟骨性関節部靭帯部によって構成されている(図2)。
 靭帯性に強固に結合しているため安定性は高いが可動性は数度、数ミリと乏しい
 仙腸関節の特徴的な動きとして腸骨に対して仙骨が前傾する運動(nutation)
 後傾する運動(counter-nutation)がある(図3)。

IMG_0575 
図2 仙腸関節 靭帯部

IMG_0577
図3 仙腸関節 前傾、後傾

○仙腸関節障害の発生
 ・仙腸関節に外力が加わることにより軟骨性関節部に負荷が加わり関節障害が
  発生することが考えられる。
 ・仙腸関節の前傾や回旋が強制されることにより靭帯に牽引力が加わり関節障害が
  発生することが考えられる。

○仙腸関節障害の診断
 ・有用な方法として村上が考案したone finger testがある。
  これは患者に痛みのある部位を人差し指で示させる簡便なもので
  これで後上腸骨棘(PSIS)を指すものは仙腸関節障害を疑う。
  また後上腸骨棘の他に長後仙腸関節、仙結節靭帯に圧痛を認めることも
  診断に役立つ(図4)。
 
IMG_0576
図4 仙腸関節 圧痛点

 ・疼痛誘発テストの中にactive SLR testがある。
  これは仰臥位で下肢を膝を伸ばしたまま挙げるもので、仙骨に後傾の負荷が
  加わり痛みが誘発される
ものである

○仙腸関節障害の治療
 ・症状が軽度であれば痛みを避けた動作指導と適宜消炎鎮痛剤を使用
  して経過をみることが多い。
 ・痛みが軽減しない場合はコルセットの装着や仙腸関節靭帯部への
  ブロック注射を行う。
 ・運動療法としては確立されたものはなく骨盤周囲の筋力を高め関節の
  安定性を高めることが推奨されている。

 
 

院内勉強会「原因不明の非特異的腰痛に陥りやすい病態(こども)」

院内勉強会を行ったので報告します。
今回は、「こどもの原因不明の非特異的腰痛に
陥りやすい病態について」です。
 
近年、こどもの腰痛の患者率13.7~60.3%と報告されています。
 
非特異的腰痛とは、「その原因を確定診断できない腰痛」のことを
指し、一般的な腰痛の85%が当てはまるとされています。
 
○原因の特定しやすい病態
・椎間板ヘルニア
・腰椎分離症(進行期、終末期)
 
○原因不明の非特異的腰痛に陥りやすい病態
1.腰椎分離症(初期)
2.椎間板性腰痛
3.椎間関節炎
4.骨端輪骨折
 
1.腰椎分離症(初期)
腰椎分離症は、進行程度を初期・進行期・終末期の3段階に分類されます。
初期
・単純X線では描出されない
・腰椎伸展で増強する腰痛
・Kemp Sign陽性(体幹伸展+側屈+回旋で痛みが出現するか)
・限局した棘突起の圧痛
※MRIに加えてSTIR(Short T1 Inversion Recovery)が有用
 
2.椎間板性腰痛
慢性腰痛の40%以上は椎間板が関与していると報告されています。
成人と比較するとこどもの発生は少ないがスポーツを盛んに行う場合
には椎間板が原因の腰痛が起こり得る。
画像所見ではっきりしない場合は、椎間板造影による疼痛再現とそれに続く
椎間板ブロックでの疼痛消失を確認して、椎間板性腰痛ち診断する。
特徴
・前屈位で増強する
・座位保持で増強する
 
3.椎間関節炎
通常、こどもの椎間関節は関節症性変化となっていることは少ないが、
スポーツの種類や外傷歴によって起こり得る。また、腰椎分離症と合併して
発症することもあると報告されている。
 
4.骨端輪骨折
骨年齢が未熟な時期に腰椎分離症が発生し、分離すべり症に進行する際に、稀であるが椎骨端輪に骨折を伴うことがある。
特徴
・急激かつ激烈な痛み
・神経根の圧迫による下肢痛
 
○治療
・スポーツ活動の中止
・ダーメンコルセットによる固定を少なくとも3か月間
・体幹筋の等尺性運動
→疼痛改善で等張性運動
・骨癒合傾向があればさらに3か月のスポーツ中止
→なければスポーツ活動への復帰を許可
go top