0561-33-0111
web予約

勉強会 半月板損傷

放射線技師の武田です。
11/24の院内勉強会に参加しました。半月板損傷の病態などについて勉強しました。
今回は内側半月板水平断裂外側半月板前節部損傷内側半月板後角損傷についてまとめたいと思います。



☆はじめに

半月板損傷は必ず痛みがあるというわけではなく、中高齢者では無症状の半月板損傷がMRIで指摘されることも多く、50歳以上の女性の19%、男性の33%にMRIで半月板損傷を認めたと報告されている。



☆内側半月板水平断裂

%e5%86%85%e5%81%b4%e5%8d%8a%e6%9c%88%e6%9d%bf%e6%b0%b4%e5%b9%b3%e6%96%ad%e8%a3%82%e3%80%80%e6%a8%a1%e5%bc%8f%e5%9b%b3%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8
図1 内側半月板水平断裂の模式図

〇正常半月板は膝関節屈曲に伴い変位・変形する

〇膝屈曲に従い大腿骨内顆関節面と半月板との接触面積は増加する
 ⇒力を受け、半月板は後ろにたわんでいく

〇繰り返し力を受けることで断裂が生じる

〇膝屈曲に従い断裂部は開大し、断裂部の範囲が大きいとより大きく開大する

〇断裂部と屈曲による開大が小さい⇒保存療法により症状改善

〇断裂部と屈曲による開大が大きい⇒保存療法に抵抗する



☆外側半月板前節損傷

〇サッカーなどの蹴り動作のある運動選手に多い
 ⇓
サッカー選手の半月板単独損傷のうち、外側半月板損傷が90%を占め、その3分の1が前節部での損傷と報告されている

〇膝外前方を中心に痛み、特に伸展位にて荷重時痛を生じる
 ⇒伸展制限を有する

〇MRIが有用であり、矢状断像にて外側半月板前節部の高輝度変化で検出される

%e5%a4%96%e5%81%b4%e5%8d%8a%e6%9c%88%e6%9d%bf%e5%89%8d%e7%af%80%e3%80%80%e7%b8%a6%e6%96%ad%e8%a3%82%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8
図2 半月板中節の変性を伴わない縦断裂

・高輝度変化が縦断裂様に描出

・明らかな外傷歴のある症例では、変性を伴わない縦断裂が多い



%e5%a4%96%e5%81%b4%e5%8d%8a%e6%9c%88%e6%9d%bf%e5%89%8d%e7%af%80%e3%80%80%e5%a4%9a%e6%96%ad%e8%a3%82%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8
図3 半月板中節の変性を伴う多断裂

・半月全体に高輝度変化が描出

・外傷歴がはっきりしない症例では、変性を伴う縦断裂が多い
 ⇒すだれ状に多くの縦断裂を有する



☆内側半月板後角損傷

〇中高年齢者にみられる変性を基盤とした障害の一つ
 ⇒決してまれな疾患ではない

〇50歳以上の女性に多い

〇日常の軽微な機転による急激な膝窩部の痛みとして発症

〇X線変化に比べると発症早期の症状は強い

〇MRIが有用である
 ⇓
水分解能に優れたgradient echo法によるT2強調像(T2*)

〇発症早期には不全断裂のように見える症例でも数か月後に再度MRIを撮ってみると所見がはっきりしてくる例が多い(図4)

%e5%86%85%e5%81%b4%e5%8d%8a%e6%9c%88%e6%9d%bf%e5%be%8c%e8%a7%92%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8
図4 経過とともに断裂所見がはっきりしてくる例
A:初診時、不全断裂の疑い
B:3カ月後、white meniscus sigh(△)、vertical linear defect(*)、
  半月板の逸脱(↑)が明らかとなった

※white meniscus sigh(ホワイトメニスカスサイン)
半月板の一部があたかも消失したかのように真っ白に見える。


〇発症後3~6カ月で痛みや機能障害は軽減する
 ⇓
画像成績ではOAグレードが進行する傾向にある
 ⇒特に肥満例に顕著である

〇特発性膝骨壊死症を発症することがある(図5)
(spontaneous osteonecrosis of knee : SONK)

%e5%86%85%e5%81%b4%e5%8d%8a%e6%9c%88%e6%9d%bf%e5%be%8c%e8%a7%92%e3%80%80sonk%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8
図5 後角損傷後にSONKを続発した例
A:初診時、white meniscus sign(△)を認めるが病変を認めない
B:3カ月後、大腿骨内側顆部にSONKが発生した(〇印)

・骨粗鬆症性素因のある場合になりやすい

・脆弱性骨折が原因と考えられる



 

院内勉強会「半月板変性、変形性膝関節症について」

半月板変性、半月板切除による二次性膝OAに焦点をあて院内勉強会を開催したので報告します。
 
半月板とは、
膝関節の内側と外側に1個ずつある三日月型の線維性軟骨組織です。半月というよりは三日月を少し太くしたような形をしています。膝の関節に加わる衝撃が一箇所に集中しないよう分散させるクッションのように「衝撃緩衝作用」の働きをするほか、その形状でひざを安定させる「関節適合性を高める」役目を果たしています。また、関節潤滑および関節軟骨への「栄養供給」を行っています。
 
%e5%8d%8a%e6%9c%88%e6%9d%bf
 
<変形性膝関節症>
変形性膝関節症は加齢に伴う関節軟骨の摩耗変性を主体とした慢性退行変性であり、90%近くが明らかな原因のない一次性とされる。
一次性の発症と進行には
○内的要因              ○外的要因
・性別                ・職業
・体重                ・活動性
・下肢アライメント
・遺伝要因
 
二次性の発症と進行には、膝関節への大きな侵襲を伴う原因疾患が存在する。
・外傷
・炎症疾患
・非炎症性疾患
・膝関節手術
 
二次性膝OAに対する半月板の関与
次の2つが二次性膝OAに影響を及ぼす半月板の因子と考えられる。
・明らかな外傷既往と適正な診断による半月板損傷の存在
・手術による半月板の処置
※明らかな外傷のない半月板変性では、無症状であることも多い
 
半月板切除の影響
非手術側と比べて有意にOA変化が出現するが、臨床症状とは関連せず痛みや日常生活動作の低下が生じるとは限らない。
変性半月板障害の影響
経年的に生じる半月板変性や変性断裂は軽度もしくは中等度の場合その多くは無症状もしくは有症状であっても間欠的であることが多い。膝に痛みなどの症状がない正常人115名で平均年齢47.5歳の膝をMRIで調べてみると57.8%で変性が生じていることが報告されている。
 
<内側半月板バケツ柄断裂>
半月板損傷のうち9~27%にみられる損傷であり、後角~中・前節まで続く半月体部の縦断裂あるいは斜断裂が典型的である。臨床症状としては激痛を伴ったロッキングを呈し、膝を屈曲して動かせなくなり、来院することが多い。特徴的なMRI所見がありロッキングしていれば診断は比較的容易である。バケツ柄断裂を疑った場合、受診後早期にMRIを撮影し早急に外科的な整復および修復術を施すことが望ましい。バケツ柄断裂とともに11~48%で前十字靭帯損傷を合併している可能性がある。
 
MRIの所見
・fragment in the intercondylar notch sign 
・absent bow tie sign
・doublePCL sign

治療
    ・半月板実質部の損傷が少ない場合、
         鏡視下でのロッキング整復
         半月修復術
   ・半月板実質部の損傷が大きい場合、
          半月切除術

%e5%8d%8a%e6%9c%88%e6%9d%bf

円板状半月板
通常、半月板の形は中心に穴の開いたドーナツ型をしています。しかしながら、この半月板の中心の穴がなく「円板」のような形をした半月板を持っている人がいます。外側~中央を超えているものを円板状半月板といわれます。報告にもよりますが数%~十数%の人が円板状半月板であるといわれています。アジアで多くみられ外側円板状半月板損傷は日常診療でよく遭遇する病態です。円板状半月板自体は病気ではなく、その人の体の特徴と考えられ、生涯を終えるまで無症状の人も多くいます。しかし、小児に起こる半月板障害の場合、円板状半月板であることが多く、症状が続く場合は、二次的に関節軟骨の損傷を起こすため、手術的加療を検討します。

院内勉強会 「足部の超音波診断」について

10月27日に院内勉強会が行われました。
今回は、アキレス腱断裂、手根管症候群に続き足関節の超音波診断について学びました。
足部の外傷で最も代表的な疾患は「足関節捻挫」です。
足を捻り、病院を受診するとまずはレントゲン検査を行い、骨折がなければ「足を捻ったことによる捻挫」と診断されることが多いです。
まずは捻挫の中でも一番損傷が多いとされている前距腓靭帯について超音波で観察しました。

%ef%bc%91 %ef%bc%92%ef%bc%93
正常であると上記のようにくっきり靭帯が見えます。しかし損傷等があると靭帯の菲薄化や肥厚、不明瞭に見えます。
 
通常の捻挫は、1か月もすると靭帯は修復され、いつも通りの生活ができるようになります。
しかし捻挫後、痛みが長引く場合には単純な靭帯損傷だけではないことが考えられます。1か月以上腫脹や痛みが引かずCT検査をすると実は骨折していたというケースが見られます。
今回は、見逃しやすい骨折(足部の捻挫に伴う)についてみていきたいと思います。
 
外果骨折
外果骨折は足関節の骨折の中でも最も多い骨折です。
%e5%a4%96%e8%b2%a8
ほとんどがレントゲンで発見されますが、中には骨折線が分かりにくい場合もあります。その際は超音波で診断できます。

踵骨前方突起骨折 
%e4%ba%8c%e5%88%86
踵骨前方突起には、踵骨と舟状骨および立方骨を連結する二分靭帯が存在します。
これは、つま先立ちになったような状態で内側に足を捻った際に損傷します。
捻挫と思っていたら、靭帯の付着部が骨ごとはがれてしまうことがあります。

%e8%b8%b5%e9%aa%a8%e8%b6%85%e9%9f%b3%e6%b3%a2
踵骨前方突起骨折(矢印)
踵骨前方突起骨折(矢印)と二分靭帯を(矢頭)を認める
 
距骨外側突起骨折(スノーボードで多く見られる骨折)
%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%9c
足部が外反強制されて、距骨と踵骨が衝突し骨折すると言われています。
スノーボードでは、逆エッジを失敗し転倒したり、ジャンプなどで着地失敗した際に起こる骨折と言われています。
 
足部は骨が密集している為、レントゲンでははっきりと骨折線が見えない場合があります。これらの見逃しやすい骨折には超音波診断が有効となります。
足部捻挫後、痛みや腫れがひかない場合は病院を受診しましょう。
ほっておくと、痛みが継続したり、足部が変形してしまう場合もあります。
当院では、超音波診断を行っています。
%e8%b6%85%e9%9f%b3%e6%b3%a2
当院の超音波診断システム 
レントゲン撮影のみではわからない、損傷な範囲や程度が診断可能です。
肉離れや靭帯損傷、骨折などスポーツ外傷の診断を中心に様々な部位の診断に使用可能です。


 

「フランクリンメソッド×ピラティス ワークショップ」の参加

こんにちは 

理学療法士の小幡です

先日、フランクリンメソッド×ピラティス ワークショップに参加
させていただきました

今回は「より良い呼吸をするために」をテーマに学びました

フランクリンメソッド
 機能解剖や生体力学をわかりやすく、イメージを使って実践的に
身につけていく教授法を学ぶことができます

呼吸:胸郭/肋骨のデザイン
○最適な肺の換気ができること
○88の関節と46の筋肉が関わり
 →複雑なアクションとなる

呼吸に主に関わる筋や関節
 ○横隔膜
  ・横隔膜は、腰椎にも付着しており、下げるように働き、
   内圧を高める作用がある
  ・脚が引っ張られ、限界までいくと傘の部分が引っ張られ、
   呼吸量が増加する
  ・拮抗筋である大・小腰筋、腰方形筋は横隔膜の停止部の
   一つである浮遊肋骨にも付着しているため、呼吸に影響
   する
 
 ○肋椎関節
  ・肋骨1・11・12番目は1つの椎骨のみつながっている
  ・肋骨2~10番目は、関節の中に靭帯を有し、2つの別々の
   関節スペースをつくっている
  ・星型をした靭帯(放射状(肋骨頭)靭帯)が関節を強化
   している
  ・関節の動きは、回旋とスライド

 ○肋横突関節
  ・第1肋骨~第10肋骨までの肋骨結節の間と脊椎の横突起の
   関節頭に見受けられる
  ・最下位の3つの肋骨には肋骨結節も肋横突関節もない
  ・第1~第10肋骨は背骨と胸骨の両方に付いており、クローズ・
   キネマティック・チェーンをつくっている
  ・第11・12肋骨はオープンチェーンである

ピラティス(Pilates)
  創始者Joseph Pilates により、戦争による傷病兵のリハビリ
から始まった
 
 ○呼吸 
  ・ピラティスの原則を導く要素のひとつ
  ・全身機能に不可欠
  ・循環器系が酸素を十分に含んだ血液を細胞に送り、代謝廃棄物
   を取り除く(Internal Shower)
 
これらの知識をもとに、身体を動かし、身体の変化を体感しました

 感想としては、身体の使い方に意識を向けることで、身体を楽に動かす
ことができるようになり、快適な生活をおくる一助となるのではないかと
思いました

   


 
  
go top