0561-33-0111
web予約

勉強会 手根管症候群

放射線技師の武田です。
10/13の院内勉強会に参加しました。エコー検査の実習とエコー検査が有用な症例である手根管症候群について勉強しました。
今回は手根管症候群、ギヨン管症候群についてまとめたいと思います。



☆手根管症候群とは?

正中神経が手関節の手根管で圧迫されることで、障害を受ける絞扼性神経障害のことである。

%e6%89%8b%e6%a0%b9%e7%ae%a1%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4
図1 手根管症候群 病態

[特徴]

〇示指・中指を中心にシビレ・痛みを生じ、場合によって母指・環指に及ぶこともある。
 ⇒手を振ることで楽になる

〇母指の付け根(母指球)がやせてきて、OKサインが出来なくなる。

〇圧倒的に女性に多く生じる。妊娠・骨折・手を使う重労働者にも生じる。

〇手首を直角に曲げて手の甲をあわせてしばらくすると症状が悪化する。
 (ファレンテスト+)

〇手首をたたくとシビレ・痛みが指先にひびく。
 (ティネルサイン+)

%e6%89%8b%e6%a0%b9%e7%ae%a1%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%e3%80%80%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88
図2 ティネルサイン(左) ファレンテスト(右)


%e6%89%8b%e6%a0%b9%e7%ae%a1%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%e3%80%80%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%bc
図3 エコー画像 正中神経短軸像

・健側の正中神経短軸像(左★)と比較して、患側(右#)では神経の腫大が観察される。
・境界明瞭で中につぶつぶのようなものが観察される。
・低エコーで後方エコー増強を認める。


%e6%89%8b%e6%a0%b9%e7%ae%a1%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%e3%80%80%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b2%e3%83%b3
図4 レントゲン 手根管撮影


[治療]
・シーネ固定 ⇒ 手の使い過ぎを止める
・ステロイド注射
・手術



☆ギヨン管症候群とは?

尺骨神経が手首の部分で圧迫されることで、障害を受ける絞扼性神経障害のことである。手根管症候群や、似た症状の肘部管症候群と比べて症例としては稀である。

※肘部管症候群
 …尺骨神経が肘の内側の部分で圧迫され、環指・小指にシビレが生じる。


[特徴]

〇環指・小指にシビレ・痛みを生じる。
 ・肘部管⇒手背・手掌・手首付近にシビレあり
 ・ギヨン管⇒手背・ギヨン管付近のシビレなし

〇筋肉がやせてきて指を開けなくなる

〇DIP関節の曲げる力が無くなる(DIP関節のみ)
 ⇒PIP関節は正中神経支配領域



 

院内勉強会「足関節・足部の外傷における超音波画像」

こんにちは 理学療法士の小幡です

 

先日、「足関節・足部の外傷における超音波画像」について、

実技を踏まえながらの勉強会を行いました

 

内容

    超音波検査について

    画像の見かた

 

    「超音波検査について」

○超音波検査の利点

→超音波検査は単純X線像では診断の困難な骨折の

 診断に有用

→軟部組織が画像評価できる

→放射線被ばくがない

→リアルタイムで診断可能

→動的な診断が可能    etc.

 

○超音波画像の特徴

→足部・足関節は軟部組織が薄いため、高周波

 リニア型プローブを用いることが望ましい

→幅の大きいプローブは広範囲の画像が得られるが、

 凹凸のある部分には不向き

→腱や靭帯など線維方向が一定の構造物は音響

 異方性の影響を受けやすい

→腱断裂はfibrillar patternの配列の乱れや途絶を

 示し、断絶部に血腫が介在すると低エコー像を示す

 また、他動的に動かすことにより、腱の不連続性や

 癒着が確認できる

→靭帯断裂は靭帯の腫脹、fibrillar patternの消失、

 途絶、開大が観察される

→骨は超音波ビームが骨表面でほぼ反射されるため、

 骨内部の情報は得られないが、骨表面の状態を詳細に

 捉えることが可能

 骨表面は線状高エコー像として描出される

 骨折の場合、骨表面の線状高エコーの途絶、段差を認め、

 骨皮質表面に血腫を観察できる

 

    「画像の見かた」

○アキレス腱断裂

2016%e3%80%809%e3%80%8029%e3%80%80%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e3%80%80%e8%b3%87%e6%96%99%e2%91%a3-%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e8%85%b1%e6%ad%a3%e5%b8%b8%e5%83%8f

画像①「正常アキレス腱」

アキレス腱はfibrillar patternを呈し、足関節レベル

では厚さは平均で5mm程度

2016%e3%80%809%e3%80%8029%e3%80%80%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e3%80%80%e8%b3%87%e6%96%99%e2%91%a2-%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e8%85%b1%e4%bd%8e%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%bc%e5%83%8f

   画像②「アキレス腱断裂①」

fibrillar patternの途絶を示し、断端間には低エコーを示す

血腫の存在を認める(矢頭:断裂部位)

 

 2016%e3%80%809%e3%80%8029%e3%80%80%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e3%80%80%e8%b3%87%e6%96%99%e2%91%a1%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e8%85%b1%e9%ab%98%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%bc%e5%83%8f

   画像③「アキレス腱断裂②」

断裂部(矢頭)に脂肪体が入り込み、高エコー像

を示す
 

 2016%e3%80%809%e3%80%8029%e3%80%80%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e3%80%80%e8%b3%87%e6%96%99%e2%91%a0-%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%82%b9%e8%85%b1%e5%a4%89%e6%80%a7%e6%96%ad%e8%a3%82

   画像④「アキレス腱断裂③」

踵骨付着部での変性断裂例(矢頭:断裂部位)

 

→アキレス腱断裂は断裂部位により治療法、術式が異なる

ため、アキレス腱実質部での断裂、踵骨付着部での断裂、

筋腱移行部での断裂などを鑑別する必要がある

Kotnisらは新鮮アキレス腱断裂の患者に対し、超音波

 検査を行い、足関節底屈位で断裂部の間隙が5㎜以上の

症例に手術療法、5㎜未満の症例に保存療法を施行し、

再断裂に有意差がなかったと報告している

 

以上、今回学んだことをまとめさせていただきました。

 

引用文献:MB Orthop Vol.27 NO.12 2014

go top