0561-33-0111
web予約

勉強会「手関節尺側部痛」

手関節尺側部痛の鑑別

手関節尺側部病変に焦点をあて院内勉強会を開催したため報告します。

l  尺側手根伸筋(ECU)腱鞘炎

l  三角骨線維軟骨複合体(TFCC

Ø  小窩付着部損傷

Ø  実質部損傷

l  尺骨突き上げ症候群

 

この3疾患が多くみられます。

 

<尺側手根伸筋(ECU)腱鞘炎>

発症:前腕の回内外反復するoveruseが関連することが多い。

多い職業、スポーツ:事務職、美容師、トリマー、ゴルフ、テニス、剣道、乗馬など

 

「診断理学所見」

誘発テスト

Carpal supination test:肘90度屈曲、前腕回外位で患者の手指を把持し過回外させた

ときに激痛が生じれば陽性

実験的に

合掌回外テスト

Synergy test

 

[治療]

局部麻酔剤、ステロイド剤注射が有効である。

 

<三角骨線維軟骨複合体(TFCC)>

TFCCは尺側手根骨の支持する遠位コンパートメントでハンモック構造部、遠位橈尺靭帯、尺骨手根靭帯、尺骨手根伸筋腱鞘、尺側関節包ならびに中央の実質部で構成されている。TFCC周辺部1520%は血行が供給されており治癒能力を有しているが、中央の実質部には修復能力はないとされている。また神経支配も血行同様である。

 

l  小窩付着部損傷

病態:遠位橈尺関節(DRUJ)を制動する最も重要な靭帯である橈尺靭帯の小窩部

での損傷である。中~高度の不安定性、回内外での著明な尺側部痛を生じる。

多い受傷:転倒による背屈強制。

 

「診断理学所見」

Fovea sign:肘90度屈曲、前腕回内外中間位で尺骨茎状突起の掌側基部の圧痛をみる。

DRUJ不安定test:橈骨S状切痕の掌背側を挟むように把持し可動性を調べる。

 

 

l  実質部損傷

病態:尺骨手根関節の荷重部であるTFCC関節円板が尺骨頭と月状骨、三角骨に挟まれて

損傷。損傷部位、形状、受傷原因により分類される。

尺屈で痛みを誘発するが、DRUJの不安定性は生じない。

 

「診断理学所見」

Ulnocarpal stress test:手関節尺屈位で他動的に軸圧をかけながら回内外すると

有痛性クリックが生じる。

Shake hand test:肘軽度屈曲、前腕回内外中間位で握手するように手を握り、

患者に手をグリップするように指示した状態で他動的に尺屈強制

させ激痛が生じたら陽性。

 

[治療]

3ヶ月程度の保存治療が優先されます。急性期であれば3週間程度のギプス固定も行なわれる。不安定性がみられる場合はサポーターが用いられる。これらの効果次第で手術的治療も考慮される。

 

<尺骨突き上げ症候群>

尺骨の橈骨に対する相対長が一次性または二次性に2mm以上長い為に尺骨頭が月状骨や三角骨などの尺側手根骨に突き上げられることで生じる疾患群です。

TFCC変性損傷

・月状骨、三角骨、尺骨頭関節軟骨障害

・月状骨三角骨間靭帯変性断裂

などが含まれる。

[症状]

・手関節尺側部痛、特に運動時痛と尺屈時痛

・ドアノブや蛇口をひねった時の誘発痛、回内外可動域制限(特に回外)

・遠位橈尺関節不安定感

5mm以上尺骨が長いと背側に偏位し亜脱臼する。

 

 

[治療]

・保存療法

 装具やサポーターなどで手関節を固定し局所の安静を図る。

3ヶ月以内に症状の改善が得られることが多い。

・手術療法

 尺骨短縮術を行なうことが多いが、骨癒合の点に問題があり、

DRUJの安定性が良好な鏡視下手術の適応もある。

勉強会 歩容異常(跛行)について

こんにちは。

理学療法士の大岩です。

今日は8/25に行われた「子どもの歩容異常(跛行)と成人の跛行」について勉強会を行いました。今回はその中でも子どもの歩容異常を中心にまとめていきたいと思います。

小児の内旋歩行(うちわ歩行)について

うちわ歩行とは、歩くときにつま先が内側に入ってしまう歩き方(内股で歩く)のことをいいます。

6

うちわ歩行の原因としては以下の3つが考えられます

大腿骨の過前捻

下腿内捻

内転足

評価の仕方は以下の通りです

①うつぶせに寝て膝を曲げた時、大腿骨過前捻の場合大腿骨が内側を向いてるため、膝蓋骨が内側を向きます。また股関節の外旋方向への動きが制限されます。

2

② うつぶせに寝て膝を曲げた時、下腿内捻がある時は大腿骨に対し足が内側に入ります

3

③踵の真ん中を中心として指先を見た時、内転足の場合その中央線が中指より外側を通ります

4

年齢別によるうちわ歩行の原因の割合は以下の通りです。

大腿骨の過前捻は新生児期には良く見られますが、筋肉の発達で7歳頃までにはほぼ真っ直ぐに近づきます。

下腿内捻は乳児期には見られ、3~5歳頃には真っ直ぐになり、その後少し外側を向いていきます。

内転足は1歳前にはよく見られますが、変形が柔らかいので2歳頃までには自然治癒します。

すなわち下腿内捻内転足に関しては、3歳頃までには自然治癒することが多いのです。

4歳以降まで残るうちわ歩行の原因は大腿骨の過前捻が問題となっている事がほとんどです。

うちわ歩行問題となるのか?

うちわ歩行は、子どもの発達段階において多く見られる歩き方です。

しかし、ほとんどの場合は成長過程にともない(筋肉が発達することなど)自然治癒することが多いです。うちわ歩行は多少残存しても、痛みを生じたり、運動能力が下がるなどの障害は出てこないため、容姿的な問題が一番となってきます。

ただし・・・以下の場合は手術適応になる場合があります。

・痛みを生じている場合

・内股が成長と共に強くなる場合

・8歳以降でも極端なうちわ歩行が見られ、転倒が繰り返される場合

このような機能的な問題が生じている場合は整形外科を受診しましょう。

子どもは、個々に成長段階が異なるため正常か異常があるか見極めることは難しい事です。気になることがあれば一度ご相談ください。

 

その他関節疾患に伴い跛行が見られる場合があります。

小児期

発育性股関節形成不全(先天性股関節脱臼)

脱臼または亜脱臼しているため関節の支持性がなくなり中殿筋の機能低下が見られます。その為健側の殿部が下がる歩き方(トレンデレンブルグ歩行)や両側の場合はあひる様歩行を呈します。

単純性股関節炎

3~8歳に発症し、外来では比較的多く見られます。たくさん遊んだ日や風邪をひいたあとに股関節(膝や太ももの場合もある)に痛みを生じ、跛行がみられます。これは一時的なもので安静を取ることで改善されます。

ペルテス病

大腿骨近位骨端が血行障害により壊死し、痛みを回避するための逃避性跛行がみられます。5~7歳の男児に多く見られます。壊死した骨端は自然修復します。

大腿骨頭すべり症

大腿骨近位骨端線において、骨頭が頚部に対して転位する疾患です。11歳前後の肥満の男児に多くみられます。がに股のような歩き方を呈します。

成人期

変形性股関節症

原因不明の1次性と先天性股関節脱臼などの基礎疾患に由来する二次性があります。逃避性跛行や筋力低下による動揺が見られます。また、脱臼による脚長差により上下に揺れる歩行を呈します。

特発性大腿骨頭壊死症

大量のステロイド投与やアルコール愛飲者に多く見られます。痛みのため逃避性跛行を呈します。

一過性大腿骨頭萎縮症

大腿骨頭から頚部にかけて、一過性に骨萎縮がみられます。50~60代男性や妊娠中の女性に多く見られます。股関節や殿部に痛みを生じるため逃避性跛行を呈します。

そのほか膝の関節疾患でも跛行が見られる場合があります。

 

痛みが生じているときや、歩き方が気になる方は当院へ一度ご相談下さい。

 

参考資料

篠原裕治(2015)「小児の内旋歩行(うちわ歩行)」, MB Orthop.28(4),pp15-18全日本病院出版会

 

 

go top