0561-33-0111
web予約

院内勉強会「手のしびれ:myelopathy/radiculopathyとneuropathy」

こんにちは 理学療法士の小幡です

今回、院内勉強会で「手のしびれ」について学びましたので、

まとめていきます

 

○手のしびれをきたす代表的な疾患

 ①頚椎症 

  →頚椎症性脊髄症(cervical spondylotic myelopathyCSM

   頚椎症性神経根症(cervical spondylotic radiculopathyCSR

   頚椎症性筋萎縮症(cervical spondylotic amyotrophyCSA

 ②末梢神経障害(ニューロパチー)

  →胸郭出口症候群(thoracic outlet syndromeTOS

   神経痛性筋萎縮症(neuralgic amyotrophyNA

   手根管症候群(carpal tunnel syndromeCTS

CSRCTSが手のしびれをきたす二大原因疾患である

 

○「しびれ」の分布

 ・CSRCSM

 →髄節に対応する何本かのゆびに限局するのが一般的で、そのしびれの部位から障害髄節が推定できる

P_20170326_223914

 ・CTS

 →自覚的な感覚障害の分布が正中神経領域にとどまらず、小指を含めた手全体に及ぶことや小指2本のしびれを訴えることもある

 →前腕、肘、肩などのしびれ感・違和感などを訴えるproximal symptomの存在が知られており、TOSや頚椎症と間違えられることもしばしばある

 

○「しびれ」の増悪・軽減因子

 ・CTS

 →早朝起床時に増悪、痛みによる夜間覚醒がみられ、車や自転車の運転、読書、携帯・スマホの操作、裁縫や包丁使用などの手の動作で増悪する

 →しびれた手を振ると軽快するというflick signも特徴的である

 ・CSR

 →咳やくしゃみ、いきむなどの静脈圧を上昇させる動作で増悪する場合がある

 →一定方向への頚部運動での増悪を自覚することもある

 ・NA

 →上肢の運動が誘発因子となり、上腕を内転内旋し肘を屈曲して体幹につけて痛みを我慢するflexion-adduction signが特徴的(CSRでもこの徴候を呈する場合があり、絶対的ではない)

 →夜間に痛みは強く、しばしば痛くて眠れないことも特徴
 

○神経学的所見

 ①感覚 ②反射 ③筋力 ④誘発検査の評価が特に重要

 

内、③の筋力が低下している場合、分布を詳細に検討することで、多くの場合正しい局在診断を下すことができる

 近位型CSANAとの鑑別、遠位CSAと後骨間神経麻痺(を呈するNA)や尺骨神経障害との鑑別において、いずれも筋力低下の分布の検討がキーとなる

 

 ・C5の障害

  →三角筋、棘下筋、上腕二頭筋、腕橈骨筋

 ・C6の障害

→手関節伸展、円回内筋

 ・C7の障害

  →上腕三頭筋、手関節屈曲、広背筋

 ・C8の障害

  →後骨間神経支配筋、尺骨神経支配筋

 ・T1の障害

  →手指害転筋

参考文献:MB Orthop29(10):13-19.2016

院内勉強会 頚髄症とALSの鑑別

今回は、頚髄症とALSの鑑別について
院内勉強会を行ったので報告します。
 
○はじめに
筋萎縮性側索硬化症(以下、ALS)は全身の上位及び下位運動ニューロン
が変性・脱落する中枢神経難病のことで以下の症状が生じ、診断をうけて
から余命3~4年といわれています。

<症状>
・筋萎縮・筋力低下 ← 上肢:脱力、下肢:痙性歩行
・構音障害     ← パ・マ行が言えない
・嚥下障害
・呼吸障害     ← 脳梗塞では生じない
 
球麻痺(構音障害、嚥下障害)or 四肢症状 のどちらかで発症すること
が多く、比率は、1:2 とされています。
 
○その他の中枢神経難病との違い
・呼吸困難を呈し生命の危機に直面する。
・陰性徴候(現れない症状)がある。
   →眼球運動障害
   →膀胱・直腸障害
   →感覚障害
   →褥瘡
 
○ALS診断基準
鑑別は困難で診断基準を満たさないまま死亡する場合もあり、病理解剖
することで確定診断となるが、生前診断が困難な場合も少なくない。
ALS診断基準
 
○頚髄症との鑑別 

多くの疾患を除外診断しなければならない。
血液検査
髄液検査
画像検査       ← 異常がなければ脊髄疾患は否定される。
神経生理学的検査
 
ALS患者のうち、60%に頚椎症もしくは腰椎症を認めたとの報告もある。
ALSは有病率10万人あたり7~11人と推計される稀少難病である。
 
○見逃さないポイント
ALSは全身に症状が生じる疾患であるため異常の広がりに注目することで
ある。診断上で脊髄症とALSの鑑別で重要なのは脳神経障害、構音障害、
呼吸障害の存在であり、これらを認めればALSを積極的に考えることが
重要である。
go top