0561-33-0111
web予約

勉強会 手外科疾患

放射線技師の武田です。
1/26の院内勉強会に参加しました。”外来でよく診る手外科疾患”について勉強しました。
今回は特に頻度が高いドケルバン病、上腕骨外側上顆炎、ガングリオンについてまとめたいと思います。



☆ドケルバン病

〇橈骨茎状突起部の第1背側区画における短母指伸筋腱と長母指外転筋腱の狭窄性腱鞘炎である(図1)
 ⇓
「手首が痛い」と来院する患者がほとんど

ドケルバン 解剖
図1 第1背側区画の解剖

〇橈骨茎状突起部の疼痛、局所に圧痛、腫脹を認める

〇患者に母指を示指~小指で握らせて手関節を他動尺屈させることで疼痛が誘発される
 ⇒ Eichhoff test(図2)

ドケルバン 誘発テスト
図2 ドケルバン病の誘発テスト
 上(a) : Eichhoff test
 中(b) : Finkelstein test
 下(c) : Brunelli test

〇超音波検査が有用
 ⇒腱鞘の肥厚と腱の腫大を認める

〇治療としては腱鞘内ステロイド注射が有効
 ⇒約50%は疼痛改善



☆上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

〇短橈側手根伸筋腱(ECRB)の付着部の炎症である

〇発症年齢は中高年齢層に多くみられる
 ⇒腱付着部の退行性変化も発症に関わっている

〇診断では発症に関連する上肢の使用状況を明らかにする
 ⇒重労働などの職業や上肢を酷使するスポーツを行っていないかなど…

〇肘関節単純X線検査では一般的に異常所見なし
 ⇒稀に石灰化がみられる

〇理学的所見で疼痛誘発テストは Thomsen test(トムセンテスト)が陽性となる例が多い(図3)

トムセンテスト
図3 疼痛誘発テスト : Thomsen test

・手関節背屈時に抵抗を加えて疼痛を誘発する

〇治療としては腱鞘内ステロイド注射が有効
 ⇒日常生活での動作改善も重要



☆ガングリオン

〇中にゼリー状の物質の詰まった腫瘤である
 ⇒手の軟部腫瘤のなかで最も頻度が高い

〇通常は無症状なことが多い
 ⇒神経を圧迫して、シビレや痛み、運動麻痺などを起こす場合もある

〇好発部位
 ・手関節背側
 ・掌側の橈骨動脈付近
 ・掌側のMP関節付近 ⇒ 中指掌側に多く発生

ガングリオン
図4 超音波画像

 ・境界明瞭で嚢腫壁の薄い低エコー腫瘤を認める
 ・低エコー腫瘤の深部に後方エコー増強を認める

〇臨床的な好発部位であれば、穿刺してガングリオン内容を確認する
 

院内勉強会「外来でよく診る手外科疾患」

こんにちは

理学療法士の小幡です

 

院内にて、「外来でよく診る手外科疾患について」の勉強会がありました
ので、まとめていきたいと思います

 

手根管症候群

 →正中神経領域の感覚障害や母指対立障害により、日常生活や仕事に大き
 な影響が及ぶ最も頻度の高い絞扼性神経障害である

 また女性、手をよく使う方、妊娠出産期の方、更年期の方などが発症しや
 すい

 

○診断

 →病歴、身体所見、神経学的検査により総合的に行う

 ・正中神経支配領域に一致した感覚障害の有無

 ・母指球萎縮

 ・2点識別覚

 ・Semmes-Weinstein monofilament試験

 ・Phalenテスト

 ・手根管部のTinel様徴候

 ・握力,ピンチ力       などをチェックしていく

 

○治療

 「保存療法」

 →母指球筋の萎縮が認められず、滑膜の浮腫や腫脹が著明な病初期に
  効果的

  手関節を固定するスプリント、手根管内ステロイド注射を選択して
  いく

 「手術療法」

 →保存療法により十分な治療効果が得られない場合に適応となる

  直視下手根管開放術(open carpal tunnel release:OCTR)と鏡視下
  手根管開放術(
endoscopic carpal tunnel release:ECTR)があり、
  いずれも横手根靭帯を切離して、正中神経を除圧することを目的と
  する術式で、基本的な概念は同じである

 

肘部管症候群

 →肘関節内側部における上腕骨神経溝から尺側手根屈筋の二頭間にある
 繊維性バンド下での尺骨神経絞扼障害であり、変形性肘関節症、外反肘、
 神経の脱臼などが原因となる

 症状は小指環指のしびれと痛み、進行すると手内在筋委縮と小指の鉤爪
 変形を自覚する

 

○診断

 ・問診

→スポーツや仕事の内容など肘の屈伸をよく行ったり、
 酷使しているかを確認

 ・診察

 →肘・手の診察の前に頚部と肩関節の診察を行い、頚部神経根障害や
 胸郭出口症候群各種テストによりこれらの疾患の可能性を確認する

  肘関節の内反・外反変形や動揺性、腫脹と熱感、可動域をみて、
 肘の屈曲テストによる手のしびれ誘発、肘部管部での
Tinel様徴候、
 肘屈曲位における尺骨神経の前方への滑脱・脱臼の有無をみる

  手の診察では、尺骨神経支配領域のしびれと他覚的知覚障害をみる

 

○治療

 「保存療法」

 →軽症例(赤堀分類1期・2期)が適応

  薬剤の投与(ビタミンB12、消炎鎮痛剤)

  肘の屈曲を制限する肘装具の夜間装着

 「手術療法」

 →手内在筋萎縮と筋力低下が著明な赤堀分類3期以上と2期の知覚障害
 の強い症例が適応

 →単純除圧術と前方移動術を選択していく

 

母指CM関節症

 →4050歳以降の中高年の女性に多い変性疾患である

  強い掴み動作や把持動作時に母指MP関節から手関節橈側の痛みがあり、
 力が入らないといった主訴が多い

 

○診断

・画像所見

 →CM関節の亜脱臼や変性所見(関節裂隙の狭小化・消失、骨棘形成、
 遊離体、骨硬化、骨嚢胞)を確認

・診察

EichhoffテストやAxial compression-adduction test,
  Axial compression-rotation test
による疼痛・不安定性誘発テストを
 行い、鑑別する

 

○治療

「保存療法」

Eaton分類でstageⅠ、Ⅱの関節が保たれている例や、変形が高度で
 あっても活動性が低い高齢者に適応がある

  画像所見と症状の程度が必ずしも一致しないため、stage
 関わらずまず保存療法を試みる

 装具や消炎鎮痛剤、湿布の処方を行っていく

 

「手術療法」

→疼痛が強く、保存治療で軽快しない例が手術適応となる

 Eaton分類のstageにより以下の術式が選択されることが多い

 StageⅠ:靭帯再建(Eaton-Littler法、琉大法)、第1中手骨骨切り術

 StageⅡ:靭帯再建(同上)、第1中手骨骨切り術、関節形成術

 StageⅢ:関節形成術、関節固定術、人工関節置換術(Mayo型)

 StageⅣ:関節形成術、Swanson型シリコン性大菱形骨置換術

 

参考文献:MB Orthop.29(11):1-29,2016

院内勉強会 疲労骨折 ~上肢・体幹~

前回に引き続き、疲労骨折について院内勉強会を行ったため報告します。

疲労骨折とは、スポーツや重労働などに伴って生じる過労性骨障害の終末像です。
骨折に至れば復帰に長時間を要してしまう。安静と消炎鎮痛剤投与による対症療法は、症状の遷延化や再発を招くことが少なくないため、早期診断と正確な病態把握が重要となります。
 
過労性骨障害の早期診断には、X線検査では明確には把握できず、MRI検査が確実ではあるが、費用と時間、人手がかかる。そのため、超音波検査が有用であるとされています。
 
超音波検査では、骨膜肥厚と骨外膜経由で髄腔内への流入する血流増加が特徴的所見になります。
 
上肢の疲労骨折は全疲労骨折のうち10%以下といわれています。また、スポーツにより生じることが報告されているが、症例報告も散見しているため、まとまった報告は少ない。
 
第1肋骨疲労骨折
診断:ゴルフや野球の動作により牽引力や剪断力が強く加わり生じると考えられる。
治療:1か月程度のスポーツ禁止のみで改善する例が多く、2~3週間の安静で疼痛は軽快することがほとんどである。
 
上腕骨疲労骨折
診断:野球やテニスでみられ、過負荷や捻転力が強く加わり生じると考えられる。また、筋肉性の痛みと間違われることがあるため注意が必要となります。
治療:1か月程度の安静で改善する例が多いが、スポーツにより再発することが多く報告されているため、注意が必要とされている。
 
肘頭疲労骨折
診断:体操、ウエイトリフティング、弓道などでみられ、若年者に多く過負荷や牽引力が強く加わり生じると考えられる。タイプ分類を健側と比較して判断する。
治療:骨端線が離開している部分が健側と同等になるまで競技禁止し、靭帯損傷を合併していると治療に難渋することがあるため、手術を選択することもある。
 
骨盤の疲労骨折
診断:女子陸上長距離やバスケットボール選手に多い。診断と復帰判定にNoakesらの三徴①ランニングの障害となる鼠径部痛②患側片脚立位での鼠径部不快感・疼痛③圧痛が有用である。
治療:1~2か月間はランニングを中止し、三徴が認められなくなってから開始する。体脂肪率低下にて女性ホルモン分泌減少による骨塩量低下が疲労骨折を起こしやすく、しっかりした食事指導も重要となる。また、高齢によりホルモン分泌減少で生じることある。
go top