0561-33-0111
web予約

院内勉強会「急性頚部痛の鑑別とエコーガイド下注射の適応」

●はじめに

今回の院内勉強では「急性頚部痛の鑑別とエコーガイド下注射の適応」

について参加させていただきましたので報告します。

頚部痛を有する方は多く、腰部痛と並ぶ国民病の1つと言われています。

当院でも寝違え、むちうち、肩こりの増悪などにより受診される方も多く

見受けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●急性頚部痛の鑑別診断

治療をすすめるにあたり、病態の鑑別がとても重要になります。

急性頚部痛の鑑別診断には、まれではありますが、見逃すことで

死の危険性が高まるものもあるため見極めなければなりません。

具体的なポイントとして、5つ挙げられます。

・発熱の有無

・症状の左右差

・突然発症

・可動域制限の有無

・神経症状の有無

表1.レッドフラッグ       表2.鑑別疾患とその特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

〇肩こり

自覚症状の多くは頚部であり、その原因は筋性肩こり、頚神経根障害、

胆嚢炎、狭窄症など多岐にわたる。

〇むちうち

交通事故など外傷後に生じた急性頚部痛であり、外傷性頚部捻挫と

表現されることもある。頚長筋、頭長筋など筋膜性疼痛に自律神経症状が

合併することもある。

〇寝違え

何らかの原因によって起床時に頚部および肩甲帯部に疼痛を覚え頚椎運動が

制限された状態。その原因は、急性頚部痛以外にも椎骨脳底動脈解離や

くも膜下出血など緊急疾患、石灰化性頚長筋腱炎などの炎症性疾患を鑑別する必要がある。

 

●エコーガイド下注射とは...

近年の研究により超音波画像上、白く厚く重なった筋膜やそれ以外にも、

腱や靭帯、脂肪などの結合組織(Fascia:ファシア)にトリガーポイントが

発生することがわかってきました。

白く重積した異常なFasciaは、痛みの原因となるだけでなく、Fascia自体の

伸張性や周囲組織との滑走性が低下している傾向にあります。

それらをエコーを用いて、確認しそこへ直接薬液を注入することによって、

この異常なFasciaを解消する治療法です。痛みが低下するだけでなく、

伸長性や関節可動域の改善が期待できます。

 

今回の勉強会開催4日前に寝違えを生じたスタッフが居たため実際の所見

から院長診断により頚部後屈と同側回旋で痛みがある事、肩挙上で症状が

変化すること、肩甲骨内上角の圧痛があることから肩甲下筋/僧帽筋部の

適応と合致したためエコーガイド下注射を行いその様子を体感し学ばせて

頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

●さいごに

患者様の中には「肩こり、寝違えなどで病院に行ってもいいのか」と考え

症状が不変・増悪してから来院される方が見受けられます。頚部痛に

悩まされる方は、多くその症状は様々です。生活環境、姿勢を変化させる

ことで改善される場合もあります。身体の不調を感じたらお早めにお近くの

病院などへご相談されると良いかと思います。

 

当院では、患者様一人一人に適切な対応を行い、早期改善を図れるように

このような勉強会を定期的に行なっています。今後も患者様のために研鑽

していきます。

スタッフ一同、身体管理には十分注意していきます。

次回の投稿をお楽しみに!

11/23 体操教室「運動×栄養×薬=骨太」

●はじめに

こんにちは,理学療法士(PT)の近藤です。11/23に今年最後の体操教室

「運動×栄養×薬=骨太」

を開催しました。その時の様子をご紹介させていただきます。今回の担当は近藤でした。

 

 

●体操教室の様子

骨粗鬆症にはみなさん関心があると思います。しかし,どのような栄養を摂ればいいか,どのような運動が良いのか,どんな薬があるのか,以外とご存知ない方も多いです。そこで今回は,運動だけではなくどんな食事をどれくらい摂取するといいかや薬の作用などをみなさんに説明させていただきました。

 

その後に,骨を強くするための運動や転倒予防の体操を中心に行いました。料理を工夫してみるねと言ってくださった方もいらっしゃり嬉しかったです。

 

●さいごに

当院はこのような体操教室を定期的に開催しています。この体操教室を通してみなさんの介護予防に貢献できたらと思います。

次回の投稿をお楽しみに!

11/3 体操教室「かんたんYOGA」

●はじめに

こんにちは,理学療法士(PT)の近藤です。11/3に体操教室

「かんたんYOGA」

を開催しました。その時の様子をご紹介させていただきます。今回の担当は後藤でした。

 

 

●体操教室の様子

ヨガというと硬いと難しいとかバランスが大事と思われがちですが,それが大事な訳では実はありません。もっとも大切なのは,自分の今の身体状況を把握することです。「これがやりにくい」とか「さっきより体が軽くなった」という変化を感じるということです。今回は,簡単なポーズからそれを行っていきました。

 

 

みなさんそれぞれで行えるものと行えないもの違いがありました。それぞれ自分の身体状況の特徴を感じ,あったものを行っていただけたらと思います。

 

 

●さいごに

当院はこのような体操教室を定期的に開催しています。この体操教室を通してみなさんの介護予防に貢献できたらと思います。

次回の投稿をお楽しみに!

大型肩関節勉強会 Part5 「PNFから考える運動療法」

●はじめに

こんにちは,理学療法士(PT)の近藤です。4月から行なっている勉強会もいよいよPart5になりました。今回は小幡がPNFを用いた肩の理学療法について話していただきました。その時の様子をまとめていきたいと思います。

 

 

●勉強会の様子

PNFは神経筋促通法の一つです。それを用いて肩関節疾患にどうアプローチするのかを講義と実技を用いて話してくださりました。

 

 

 

 

 

 

その後,様々に別れて実技練習を行いました。丁寧な評価の上に成り立つ介入が大切だとしみじみ感じる勉強会でした。

 

 

●さいごに

当院スタッフは,このような勉強会を定期的に開催しています。今後も患者様のために研鑽していきます!ブログを楽しみにしておられる方いつも読んでくださりありがとうございます。

go top