0561-33-0111
web予約

9/24 院内体操教室 「転倒しにくい身体を!」

●はじめに
 こんにちは、理学療法士(PT)の近藤です。
9/24の月曜日に体操教室「転倒しにくい身体を!」を開催しましたので
その時の様子を報告させていただきます。



●様子
 今回も多くの方にご参加いただくことが出来ました。
担当は、PT山内でした。
まず最初に、どんな状況で自分は転倒しやすいのかを
知っていただくために不安定な状況で
歩いていただきました。




その後、それぞれにあった運動をお伝えし、
実際に行っていただきました。




学生も混じっています(笑)
皆さん、今回もいい汗かいていました!
一通り運動をし終えた後、改めて歩いていただきました。
皆さん、動作スピードが上がり、驚いていました



大切なのは、今の身体状況を知ったうえで、
今後を考えて、予防の運動を続けていただくことです。
そのお手伝いが、少しでも出来れば幸いです。



●さいごに
 体操教室は、定期的に開催されています。
次回は、10/8月曜日の13:00~となります。
テーマは、「腰痛体操」となります。
担当は、PT小幡です。
是非、ご参加ください!

 

9/17 院内体操教室 「けんこう骨で健康に」

●はじめに
 こんにちは、理学療法士(PT)の近藤です。
やっと秋の風が吹き始め、涼しくなってきました。
7/16の月曜日に体操教室「けんこう骨で健康に」を開催しましたので
その時の様子を報告させていただきます。



●様子
 今回も多くの方にご参加いただくことが出来ました。
担当は、わたくし近藤でした。
肩甲骨を動かす運動を中心に様々な運動を行いました。
普段、自分がどのように肩を動かしているのか
あまり意識されたことは無いと思います。
それを運動と説明を通して、実感していただけるように
進めていきました。



その時の様子です。セラバンドと呼ばれる
ゴムを用いた運動です。
お腹周りも締まります(笑)




その他にも多くの運動を行いました。
皆さん、いい汗かかれております!



●さいごに
 体操教室は、定期的に開催されています。
今月は、なんと
2回開催されます。
日時は、9/24月曜日の13:00~となります。
テーマは、「転倒予防」となります。
是非、ご参加ください!


 

院内勉強会 凍結肩(五十肩)の治療


理学療法士の山形です。
今回の院内勉強会では特発性凍結肩のタイプと
治療的アプローチの違いについて学んだためここに報告します。

○はじめに

 凍結肩、いわゆる五十肩の発症メカニズムは現在も不明です。
 五十肩の痛みや運動制限(肩の動かし難さ)は放っておいても
 自然に治るものという誤認が未だに根強く残っています


 我慢できなくなるまでは市販薬などで対応し、症状が重篤化
 してから来院される患者様は当院でも少なくありません。
 そのような患者様が理学療法(リハビリ)の対象になった際
 対応に難渋し、リハビリの長期化を招くことが多いです。

 少しでも肩の動かし難さや痛みを感じた際には
 「これくらいなら大丈夫だろう」とは思わずに
 整形外科に来院されることをお勧めします。


○五十肩のみかた

 肩関節は肩甲上腕関節のみで動くわけではなく胸郭を構成する
 胸椎、肋骨、鎖骨、肩甲骨と連動する。
 これらの一部の動きが悪くなると他の動きにも影響し結果として
 大きな障害を生じさせる
こととなる。
 そのため肩疾患をみる際には胸郭、肩甲骨と肩甲上腕関節は
 連動すると考え診察する必要がある。


○五十肩の機能的分類

 ①大胸筋(前方)タイプ
  ・五十肩の約30%。
  ・保存療法に対する反応は良好。
  ・大胸筋停止部の圧痛、胸鎖・胸肋関節の他動運動痛が特徴。
  ・肩甲骨の他動関節可動域の制限は軽度。
  ・肩甲下筋と小円筋に圧痛と硬結を高頻度で認める。
  ・主に関節外因子の異常により肩甲上腕関節の拘縮をきたし、
   関節内因子である関節包の関与は軽度。
  
 ②後方タイプ
  ・五十肩の約40%。
  ・前方タイプより保存療法に対する反応は不良。
  ・肩甲骨の下制、下方回旋、内転、後方傾斜の制限が
   中等度以上みられ、肩甲骨の上方回旋を促すため
   二次的に生じた腱板筋群のtightnessが強いタイプ。
  ・肩甲下筋と小円筋に圧痛と硬結を高頻度で認める。

 ③HSタイプ(hypermobile scapula:過度に動く肩甲骨)
  ・2011年の東日本大震災以降に被災地で急増したタイプ。
  ・発症に心因性要素の影響が考えられる。
  ・前方タイプより保存療法に対する反応は不良。
  ・他動的に過度に動く肩甲骨により肩甲上腕関節での
   求心性維持が困難になり、関節内に炎症が惹起される。
  ・
肩甲下筋と小円筋に圧痛と硬結を高頻度で認める。
  ・
ストレスが誘因となり姿勢変化、呼吸状態の変化などが生じ、
   胸郭運動が制限されることが発症の要因になると推測される。


○病態に合わせた治療戦略

 ・安静時痛・夜間痛がある期間
   関節内の炎症を鎮静化させるために肩甲上腕関節へのステロイド
   関節内注射を基本とする。
   疼痛が高度の場合、ステロイドや弱オピオイドの内服を追加する。

 ・安静時痛・夜間痛が消失した後
   前方タイプに対しては、大胸筋の柔軟性改善など関節外因子の
   関節可動域改善を狙った徒手療法が中心となる。
   後方タイプに対しては、胸郭と肩甲骨の関節可動域を改善させ
   ることが重要となる。
   HSタイプに対しては、肩甲骨と上腕骨の協調性を改善させる
   ことが重要となる。

 










 
go top