0561-33-0111
web予約

勉強会「CHIP企画セミナー 臨床最前線 肩関節疾患」

こんにちは。理学療法士の小幡です。

 

先日、鳥取県米子市の国際ファミリープラザにて

CHIP企画セミナー「臨床最前線 肩関節疾患」に参加させていただきました。

 

講師は、松戸整形外科病院のPT遊佐 隆 先生でした。

 

学んできたことをまとめていきたいと思います。

 

〇肩の特徴

 ・肩関節:球関節・多軸性

  →可動性に優れている>安定性に乏しい

  →関節窩に対する上腕骨頭の求心位が重要

  →体重50㎏のヒトの6%が上肢の重量といわれる⇒3㎏

 

 ・肩関節複合体

 「解剖学的関節」

 →肩甲上腕関節

 →肩鎖関節

 →胸鎖関節

 →胸肋関節

 →肋椎関節

「機能的関節」

→第二肩関節

→烏口鎖骨結合

→健康胸郭関節

 

・肩は上肢を「吊るす」「動かす」「支える」ことにより、

ADLやダイナミックな動作を行うことができる。

 

・投球動作

 ⇒股関節、体幹からのエネルギーが24%減少すると、

  同等の力で投げるには、肩のエネルギーを
               34%増加させる必要がある

  (Kibler and Chandler 1995

 

 

・機能的関節窩について

→肩甲骨が動くことで、関節窩は機能的に拡大し、

動的な安定性に寄与している

・可動性を得るために

 他動運動⇒自動運動⇒抵抗運動⇒自立(自律)

 運動学習が重要

 

〇肩の解剖

 ・三角筋(アウターマッスル)
 

 ・腱板(インナーマッスル)

  →腱板が働き、上腕骨頭の安定化が図られる。

 

 ・肩甲骨は胸郭に浮遊しており、

  ショックアブソーバー と フローティング機能による
  安定化機構が働く

 

〇肩の病態

 ・肩関節と年齢と病態
 

       加齢変化

不安定性―――――――→拘縮

・若い人        ・中高年

・緩いがための愁訴   ・硬いがための愁訴

 

 ・肩関節疾患の概要

  →炎症性疾患57%

   腱板断裂9.9

 

 ・腱板の加齢変性

      

 腱板の炎症(小断裂、擦過傷)

      ⇓

   肩関節周囲炎

腱板炎、上腕に闘犬長頭腱炎、石灰沈着性腱板炎など

   ⇓          ⇓

運動制限などの     炎症の治癒

 機能的障害

 

 ・Obligate Translation(骨頭の偏位)

  →局所的な拘縮が生じると、限界可動域に達する前に
   関節包・関節上腕靭帯が過度に緊張することで、骨頭
   を反対側に偏位させる力が働いてしまう。

 

・骨頭の求心位を改善するためには

肩甲骨の位置

  ⇓

肩甲骨の可動性・安定性

  ⇓

骨頭の後方、内旋の誘導

※後方への並進移動と回旋

  ⇓

骨頭の後方、内旋の抵抗

※後方への並進移動と回旋

  ⇓

求心位での運動拡大


といったことを学び、実技の練習をしてきました。
 

6〜8月 PT勉強会 「夏の症例検討会」Part2

●はじめに
こんにちは、理学療法士(PT)近藤です。
6〜8月は、臨床推論強化ということで
「夏の症例検討会」を行うこととなりました。
今回は、前回に引き続きPart2です。



●様子
Part2は、小幡が担当いたしました。
今回は、ADL動作自立に向けて考察を立てて
下さいました。




姿勢・動作観察を中心に現状の問題点を
抽出した良い発表でした。
そのあとは、各PT同士でディスカッション
を行い、どういう可能性が他にあったのか?
こういうアプローチはどうか?などを
話し合いました。
まだまだディスカッションが乏しいです。
もっと推論能力を高めていかないといけません。
次回からは、座長もつけていきたいと思います。





●さいごに
当院PTは、このような勉強会を定期的に
行なっています。次回は、Part3です。
お楽しみに!

5/29 PT勉強会 「頚部の解剖と機能解剖」

●はじめに
こんにちは、理学療法士(PT)近藤です。
今回は、5/29にPT勉強会
「頚部の解剖と機能解剖」を行いましたので
その時の様子を報告させていただきます。



●様子
今回の担当は、森田でした。
頚椎や頚部筋の解剖と機能解剖について
丁寧に教えていただきました。




頚部というものは、治療に難渋することも
多い部分かつクリニックではよく疼痛の
訴えでみえる方も多いです。非常に大切な部分
といえます。


●さいごに
当院PTは、このような勉強会を
定期的に行なっています。患者様の

ために日々研鑽していきます。

6〜8月 PT勉強会「夏の症例検討会」Part1


●はじめに
こんにちは、今年から勉強会係に就任しました。
PT近藤です。6〜8月は、臨床推論強化ということで
「夏の症例検討会」を行うこととなりました。
今回は、Part1です。



●様子
Part1は、後藤が担当いたしました。
今回は、疼痛に着目して考察を立てて
下さいました。



理学療法評価を元に機能に着目した
良い発表でした。
そのあとは、各PT同士でディスカッション
を行い、どういう可能性が他にあったのか?
こういうアプローチはどうか?などを
話し合いました。
もっと活発なディスカッションが欲しいです。




●さいごに
当院PTは、このような勉強会を定期的に
行なっています。次回は、Part2です。
お楽しみに!

トレーニイングと栄養摂取による骨格筋肥大のメカニズム

こんにちは、はじめまして理学療法士の後藤です。
今回の院内勉強会のご報告をさせていただきます。
 



<はじめに>
効率的は骨格筋肥大を目的とした栄養摂取と運動に焦点を当てて、それぞれの刺激による筋たんぱく質への生理的作用を解説した上で、2つの同化刺激の効率的な組み合わせついて、最近の知見に基づいて
 
<たんぱく質の摂取による筋たんぱく質の合成と必要摂取量>
たんぱく質やアミノ酸を摂取すると筋たんぱく質の合成速度は空腹時と比較して1時間以内に急激に増加する。
近年の研究で、分岐鎖アミノ酸のロイシンはたんぱく質の構成要素であるだけでなく、食欲調整、インスリン分泌や筋たんぱく質の同化作用を調整する重要なアミノ酸であることがあきらかとなりました。
たんぱく質の合成速度を有意に増加させるに必要な最低限のたんぱく質摂取量を検討した調査では、若年者では0.26g/㎏のたんぱく質が必要と報告されています。
 
<レジスタンス運動が筋たんぱく質代謝・合成に及ぼす影響>
筋たんぱく質合成速度の亢進は、分解速度の増加よりも高いため筋たんぱく質の収納バランスは運動後においてより同化作用が優位な状態へ変化する。

レジスタンス運動によって惹起される筋たんぱく質合成速度の増加には運動時の重量(強度)、挙上回数やセット数、動作時間などによる総運動時間、負荷重量と運動時間の積である力積、運動様式など種々の要因が影響を及ぼす。
一過性のレジスタンス運動による筋たんぱく質合成の増大には強度よりも運動による力積と疲労困憊に至ることが重要である可能性が示唆されている。若年者男性を対象に30%1-RMあるいは80%1-RMで疲労困憊に至るまでの膝伸展運動を3セット、週3回、10週間にわたって実践した際、運動強度にかかわず筋肥大の程度は同等であった。

 
<レジスタンス運動とたんぱく摂取の組み合わせによる相乗効果>
レジスタンス運動実施後とたんぱく質摂取のみで得られる筋たんぱく質の合成速度を相加的に増加させることが報告されています。たんぱく質摂取のタイミングに関しては、運動実施直後が最も効果的であり、時間経過すると同化作用は低下する。

 

以上報告を終わります。
 
go top