免疫系の異常が元になって関節内で炎症を起こす病気です。
進行すると骨が破壊され関節の機能が損なわれます。
日本全国で70万人以上の患者さんがいると言われ、30~50代の女性に多く発症するのが特徴です。
初期にみられる症状としては朝目覚めた時に手足の指がこわばる、関節が腫れて痛むなどです。
左右対称性に起こることが多く、特に手首や手足の指の関節に多く発症します。
診断は関節の触診と視診の他に血液検査や、レントゲンなどの画像検査が行われます。
初期のリウマチではレントゲンで異常が出ないことが多く、エコーやMRIにて診断することも多くなっています。
また最近では、リウマトイド因子やCCP抗体といった自己抗体(自分の体の組織に対する抗体)を計測することによって早期に診断ができるようになっています。
関節リウマチは以前のような「治らない病気」ではなくなりつつあります。発症早期に診断して適切な薬物療法を行えば寛解状態にすることも出来ますし、最近では薬物を休薬できるケースも増えてきています。
自分がリウマチではないかと心配な方は当院にご相談ください。