交通事故による治療は通院期間に制限はありますか?

特に制限はありません。

むち打ち症の治療期間は一般的に3ヶ月~6ヶ月とされているので、3ヶ月経った位に保険会社から治療終了を催促する電話が来る場合がありますが、治療効果が認められる場合はそのまま治療を続けても問題ありません。医師にご相談下さい。

レントゲンでは異常がないと診断されたのに、痛みがあるのですが、診てもらえますか?

もちろん可能です。レントゲンは基本的に骨折等の骨の異常を診断するものです。

交通事故による症状で1番多い「むち打ち症」は筋肉の炎症によるものなので、レントゲン撮影を行っても異常が認めらない事が多いです。

まだ痛みが残っているのに、保健会社から治療終了の催促をされたのですが・・・

痛みや違和感が残っていても、症状の変化が無い場合は症状固定として治療が終了になる場合もあります。

医師にご相談下さい。

事故後しばらくしてから痛みが出てきたのですが、交通事故治療として取り扱い可能ですか?

時間が経ちすぎると、事故との因果関係の証明が難しく、交通事故治療をして扱われなくなる場合もありますので、事故後は軽症だと思っても必ず医師による診断を受けましょう。

診断書や証明書等の発行はしていますか?

はい、しています。警察に提出する診断書以外にも、保険会社や会社に提出する診断書等も対応しています。

提出先により様式も違いますので、お気軽にご相談ください。

治療費の窓口負担はありますか?

交通事故の被害者の場合は、加害者が加入している自賠責保険から治療費がまかなわれます。

保険会社から当院へ連絡が入っていれば窓口負担金は0円です。

入院及び手術等の治療はすでに別の医療機関で終えたのですが、リハビリで通院することは可能ですか?

はい可能です。この場合も保険会社に連絡をして下さい。

具体的にどんな治療をしてくれるのですか?

まずはレントゲン等の検査を行い、骨折や神経の損傷がないか医師による診断を行い確認します。 その後、1人1人の症状に合わせて投薬や湿布、注射や電気治療、手技療法を行っていきます。 当院には理学療法士とマッサージ師及び柔道整復師が在籍しておりますので、整骨院で行える治療は全て行うことが可能です。

保険会社がすすめる医療機関で治療しなければいけないですか?

そんなことはありません。どこで治療を受けるかは本人が決められます。

保険会社に治療を受ける医療機関の名称と電話番号を伝えてください。

交通事故治療を受けるために必要な書類はありますか?

特に必要となる書類はありませんのでお気軽にご来院ください。